アルバイト日誌

ここでしか手に入らないアルバイト情報、毎日更新して行くよー♩

初めての上京!アルバイトに向けて1人暮らしの極意を1から伝授

1人暮らしのアルバイトハックを紹介

長いような短いような学生生活を終え、今まさに上京して一人暮らし!という方もいらっしゃるでしょうが、上京してアルバイトをする際には、押さえておいてもらいたい注意点というものがいくつあります。

経験者だからわかる、ちょっとした一人暮らしのコツや極意といったところです。

1人暮らしが初めてだという方は、知っておくと便利なことばかりなので是非チェックしてみてくださいね。※筆者は親が残した小さなアパートを1部屋だけ所有していますので、一人暮らしをしている方へ、部屋を貸す側(オーナー)視点でも話ができると思います。

いざ上京!まずは部屋探しからスタートしよう

上京してアルバイトとなると、何はなくともまず必要なのがみなさんの城となる「アパート」や「マンション」です。

仕事によっては「寮」という選択肢もありますが、ここでは最も一般的だと思われるアパートやマンションを借りる際の「借り方」や「注意点」などを解説してみようと思います。

一人暮らしの部屋を借りる時のおおまかな流れは次のとおりです。

  1. まずは「物件探し
    雑誌やネットで自分の状況に合わせた物件を探します。
  2. 次に「問合せ
    実際にその物件を扱っている不動産業者へ連絡します。
  3. そして「物件の下見
    問合せた時に下見の日時を決めているはずです。
  4. 続いて「申し込み
    物件が気に入ったら申込み用紙などに必要事項を記入します。
  5. この後「入居審査」というものがあります。記入内容を元にお店側で審査します。
  6. 最後に「正式な契約」。
    ここまでわりと日数がかかります。(2~3ヶ月)早めに行動しましょう。

ここでちょっと気になる「入居審査」について少し補足説明をしておきます。

入居審査というのは、簡単に言えば「物件を貸しても大丈夫かどうかを調べる」ものです。

中には入居審査いらず!という売り文句の物件もありますが、そういったものは割高ですし、そう多くはありません。

部屋を借りる時には、ほぼほぼ入居審査を受けることになると思っていていいと思います。

では実際に入居審査では何を審査しているのかというと、それはみなさんが「家賃を滞納しない人かどうか」を見ています。

オーナー視点から言わせてもらうとこれは当然のことで、もし家賃を滞納されて踏み倒されたりしたら……と思うと、そう簡単には部屋を貸すわけにはいきません。

大家によっては、その人と実際に会ってからじゃないと貸せないという人もいるくらいです。

アルバイトや派遣社員として一定の収入を得ているのならば審査には通りやすいと思いますが、これからアルバイトを探す予定の人は審査に落ちる可能性は高いかもしれません。

しかしそういう場合のために記入するのが、「連帯保証人」の項目です。

仕事をしている人でも保証人は必要ですが、仕事が決まっていない人の場合は、しっかりした保証人がいないと入居審査に落ちてしまう場合があるんです。

大抵の場合は「親・兄弟」などの身近な親族を保証人として記入します。

筆者は昔、親と大ゲンカをして家を出たことがありますが、その時に困り果てたのがこの連帯保証人の記入でした。

その頃は今のように保証人不要の物件などほとんどありませんでしたし、「連帯保証人の代行サービスがある」ということも知りませんでした。

いろいろな親族に頼みましたが断られてしまい、泣く泣くケンカ相手の親に保証人になってもらうという始末でした……。あれはかなり惨めで、バツが悪かったですね(笑

とまぁ、そんなこともありますので、一人暮らしを始める時には入居審査というものがあるということをしっかり頭に入れておいてください。

物件の下見はしっかり行う!

そうそう、物件の下見をする時は「面倒くさい」とか「何度も車を出してもらうのは悪い」なんて考えず、じっくり時間をかけて下見をしたほうがいいです。

不動産屋さんもお仕事でやっていますし、物件のオーナーは「部屋の管理費用」を不動産屋さんに毎月支払っています。(これがけっこう高い……。)

部屋を探している人が何度も物件を見て回るのも、そういった費用でまかなえているはずですから、まったく遠慮することはありません。

満足するまで物件の下見をしてもらって大丈夫です。

ここでしっかり時間をかけて下見をしておかないと、住んだ後でその物件の悪いところを見つけても、そうそう簡単には引っ越しなんてできません。お金もかかりますしね。

ですから、部屋の間取りや水回りの使いやすさはもちろん、周辺のお店や公共施設、交通機関なんかもしっかりチェックしておいたほうが懸命です。

筆者は最初に住んだ場所が不便ですぐに引っ越したという経験があります。

知り合いも似たような話をしていたことがありますので、一人暮らし最初の物件選びで失敗している人はけっこう多いんじゃないでしょうか。

これも一人暮らしの注意点のひとつですね。
 

一人暮らしの必需品

一人暮らしを始めてみると、これまでには大して利用していなかったものが便利に思えてきたりするもので、そういったものを最初から準備できていると一人暮らしがグンッっと快適になることは間違いありません。

というわけで、ここでは筆者が持っていて便利だと感じたものと、ネット検索して出てきた一人暮らしに便利なグッズをいくつかご紹介してみようと思います。

自転車

車を持っている人でもガソリン代の節約ができるし、近場だと自転車のほうが早い場合もある。さらに都心は駐車場の問題もあるので、思った以上に自転車は便利です。

安いものをアウトレット店などで探すといいかもしれません。

筆者はアルバイター時代、5000円で買った自転車に3年以上も乗っていました。

網状の何か

女性なら害虫捕獲用のネットが超がつくほど便利です。

女性の一人暮らし最大の難的と言っても過言ではないゴキブリや蛾などの「害虫」ですが、触るのはもちろん、叩いて潰すなんて怖くてとてもできませんよね。

でも虫取り網のようなネット状のものがあれば、とりあえず捕獲して外に放り出すこともできますから、これがあるとないとでは安心感が違うんです。オススメです!

ジップロック

食品保存用のプラスチックバッグ。

ご飯や麺、スープや生肉などなんでも冷凍保存で残しておけるのですごく便利です。

レンチンすれば解凍も楽々、しかも洗えば何度も使用できますので節約・時短の両方の観点からおすすめできるすぐれもの!

レンジでパスタを茹でられるタッパー

水とパスタの麺を一緒に入れ、レンジでチンするだけでパスタが茹で上がるという便利グッズです。細長いタッパーのような形状をしています。

パスタは非常に安くて、金欠気味の一人暮らしにとってはありがたい食品です。

パスタを上手に食べこなすことで、家計はずいぶん楽になると思います。

S字フック

入院中などにも喜ばれるアイテムで、長い棒状のものや家の梁(はり)などに引っ掛けて使えるので非常に便利です。家具などが少ない一人暮らしの方には特にいいですよ。

台所のお玉やフライ替えしなんかを吊るしておくと場所も取らないのでおすすめです。

まだまだたくさんご紹介したいところですが、特におすすめな5点ということでここまでにしておこうと思います。

一人暮らしを始めてしばらくすると、「一人でいろいろやるのって大変だな」としみじみ感じることが多くなってくると思います。家事などはできるだけ手早くすませたいところですよね。

家事に追われているような人は、こういった便利グッズの使用を考えてみてください。

初めての自炊!

一人暮らしを始めると、スーパーやコンビニのお弁当などで食事を済ませる人も多いとは思いますが、それだとけっこう食費がかかってしまいますよね。

仮にスーパーの割引品の惣菜や弁当を買って生活していたとしても、それでも自炊した場合に比べると倍近い食費がかかってしまうものなんです。

そこでこちらでは、一人暮らしで自炊をしようと考えている人にとって、とても参考になる「サイト」や「アプリ」をご紹介してみようと思います。

いろいろなレシピを見ることができるのはもちろん、材料や調味料、作り方なども詳しく紹介されていますので、料理初心者にもうってつけなんです。

ではまずは料理のレシピや実際の「作ってみた」が見れる便利サイトからご紹介します!

言わずと知れた超有名サイト「クックパッド」

レシピ検索No.1のサイトで、料理の作り方を検索するとだいたい一番上に出てくるのがこのクックパッドです。

写真入りで紹介されている料理はいろいろなジャンルにカテゴリ分けされており、自分が作りたいと思っている料理をすぐに探すことができます。

料理名を知らなくても、材料だけで検索したりできるのがいいですね。

さらにクックパッドには「つくれぽ」という機能があります。

登録されているレシピを使って料理をしたユーザーが、写真を添えて出来栄えや感想を報告をする

もので、どんな料理なのか、どんな味なのかを知る参考になります。

料理好きにはもってこいのサイトですね。

サイトはこちら⇒クックパッド

マヨネーズのCMでおなじみ「キューピーの3分クッキング」

こちらはクックパッドとは違い、家庭料理のプロが料理を紹介しているサイトです。

同タイトルのテレビ番組もおなじみですから、ご存知の方もおおいはず。

サイト内で番組の放送日などもわかりますので、テレビと一緒に楽しめるサイトです。

料理を教えてくれる先生たちのプロフィールもサイト内で紹介されています。

番組の内容を「動画」で見ることもできるので、細かい調理の仕方なども手に取るようにわかります。一人暮らしでもしっかり美味しいものが食べたい!という人も多いでしょうから、このサイトを利用して、なるべくお金をかけずに本格的な料理に兆戦してみるのもいいと思いますよ。

サイトはこちら⇒キューピー3分クッキング

ちょっと意外?なネスレのサイト「1から始める料理の基本」

「ネスレ」というと、コーヒーギフトなどの飲料系の会社のイメージがありますが、そのネスレが料理の基本を教えてくれているのがこのサイトです。

上の2つのサイトに比べると小規模ではありますが、料理をする時の基本中の基本「下ごしらえ」や「煮る」「ゆでる」「切る」といった基礎を丁寧に解説してくれています。

料理に初挑戦する人だと、こちらのほうが利用価値が高いかもしれません。

残念ながらレシピは少ないので、他のサイトと併用して利用するのが前提になるとは思いますが、料理の基礎を知っておくと食費の節約や時短にも繋がりますので、このサイトで基本をしっかり押さえておくのも一つの手だと思いますよ。

サイトはこちら⇒ネスレアミューズ

続いてはアプリのご紹介です。アプリのメリットは料理の工程が動画でわかりやすく確認できるという点や、毎日レシピを受け取ったりできるという点です。

スマホを使ってどこでもチェックできるところもいいですね。

毎日新しいレシピを見たいならコレ!「デリッシュキッチン」

デリッシュキッチンは料理の各工程が動画で見れるので、作り方をじっくり見たい人にはおすすめのアプリです。カメラ位置もフライパンを真上から見下ろしたような図になっていて、料理の全体像がわかりやすく実用的だと思います。

ちなみにアプリダウンロード数はNO.1だそうです。

しかも登録しておけば、あなたのスマホに毎日レシピが届きますので、料理のレパートリーを増やしたいという人にはもってこいのアプリです。もちろん無料。

ちなみにアプリを運営する会社にレシピのリクエストも出来ます。採用されるかどうかはわかりませんが、自分なりのアイデアを提案してみると面白いかもしれません。

ダウンロードはこちらから⇒デリッシュキッチン

あ、やっぱりアプリもあるんだ!レシピ数なら「クックパッド」

一人暮らしの自炊に便利なサイトとして紹介したクックパッドですが、こちらにはパソコンとデータを共有できるアプリもあります。

クックパッドのサイトをよく利用するのなら是非併用していきたいアプリです。

クックパッドの最大の売りは、なんといってもレシピの数。ユーザーから寄せられるありとあらゆる料理のレシピが簡単に検索できますので、だれも知らないようなご当時料理や、あなただけしか知らないと思っていた、ちょっと変わった料理なんかも載っているかも?

金欠の人なら、「貧乏料理」といったキーワードで検索してみると、格安で作れるお得な料理が見つかるかもしれませんね。

ダウンロードはこちらから⇒クックパッド
 

寝坊はできない!絶対寝坊しないための極意!

新社会人や仕事を始めたてのアルバイターにとって悩みどころの一つとなっているのが仕事先への「遅刻」。そしてその最大の原因となるのが「寝坊」です。

職場に慣れてからなら少し注意を受けるくらいで済むかもしれませんが、始めたての頃に遅刻をしてしまうと印象も悪くなりますし、ヘタをするとそのままクビ!なんてことにもなりかねません。それに遅刻をするとすごく恥ずかしいですしね……。

学生時代などに親や家族の人間に起こしてもらっていた人などは、なかなか一人で起きられず困っていることと思います。

世の中には、同じように寝坊による遅刻に悩む人がたくさんいるようで、いろいろ工夫をこらした寝坊防止グッズなどもあるみたいです。

とりあえずこういった物を試してみるのもいいかもしれません。

中には、しっかり狙いをつけておもちゃの銃で的を撃たなければ音が鳴り止まない仕組みになっている寝坊防止用の目覚ましなんかも売っていて非常に面白いですよ(笑

まぁ寝坊防止グッズは最後の手段として取っておくとして、まずはいくつか、寝坊を未然に防ぐためのコツのようなものをご紹介してみようと思います。

こちらもネット検索や友人知人からの助言を元にまとめてみました。

それから、筆者も寝起きがいいほうではありませんので、いくつか自分なりの寝坊防止法を実践したりしていますので、その中の一つを一緒にご紹介させて頂こうと思います。

寝坊を未然に防ぐための方法がこちら!

前日の夜などに、出勤時間を意識するのではなく、出勤時間の1時間以上前、自分が起きようと思っている時間を強く意識しておくことが大事。

×「朝7時か、出勤時間までまだ1時間あるな」→こういう意識は2度寝の危険あり。
◯「朝7時か、そろそろ起きる時間だな」→こういった意識だと目覚めやすい。

大きな音がなる目覚ましよりも、タイマー式の電灯などの明るく光るものが効果大。

テレビの予約機能を利用するなども有効。
目覚ましは無意識のうちに止めてしまったりすることが多いので、部屋を明るくしたりして起きやすい状況を作るほうが目覚めやすいそうです。

職場の仲間同士でモーニングコールをする。(メール・LINEなど)

返信や反応がなかった人にだけ、それぞれが電話をかけるようにすると遅刻防止にもつながるし、万が一の病気やケガの時の保険にもなります。
ただしこの方法は職場で仲の良い仲間ができてからでないと使えませんので、新社会人や入りたてアルバイター向けとは言えませんね。

これは筆者が実践している方法です。

昔、何かのテレビ番組で「楽しいことを考えながら寝ると寝付きがいいんですよ」といったことを言っていたタレントさんがいたのですが、これを実際に試してみたところ効果絶大。

なかなか寝付けなくて不眠症気味だったのに、すんなり眠れるようになったんです。

寝付きがいいと目覚めもいいようで、きっかり6時間ほどで目覚められるようになりました。

仕事に追われるとついつい睡眠不足になりがちですが、睡眠のリズムが狂うと「遅刻しやすくなる→仕事先で怒られる→ストレス→睡眠障害」といった悪循環にも陥りかねません。

くれぐれも用心するように心がけておいてくださいね。

さびしい...。そんなときの気の紛らわし方は?

これまで家族と一緒に暮らしていた人が、急に一人暮らしを始めることになると、寂しさから不安にかられてしまう人も多いようです。

最初の頃は、新生活を始めた楽しさも手伝ってあまり気にならないのですが、仕事に慣れてきた頃から一人の寂しさを実感するようになるみたいです。

とは言え、上京したてだと身近に友人や知人などがいるはずもありませんので、一人でなんとか寂しさを紛らわすしかありません。
そこで、一人暮らしをしている人たちが、普段どうやって一人の寂しさを紛らわせているのかを筆者なりに調べてみましたのでご紹介しておきましょう。
ちなみに筆者が一人暮らしの時にも、これらの方法で見事に「ぼっち」を克服しました(笑

ネットゲームやツイッター、フェイスブックなどのコミュニティに参加する

毎日、一言二言のチャットをするだけでも「一人ではない」という感覚が得られるので効果は大きいです。

動画の配信やブログを始める。簡単に同じ趣味の仲間との繋がりができる

趣味の近い仲間が集まりますので、意気投合してオフ会などに参加したりと、自分の行動範囲が広がることも期待できます。

インド映画を見る

インド映画は能天気と言っていいほど明るい映画ばかり。ストーリー中に半ば強引に挿入されるインド映画ならではのミュージカル?シーンは見ているだけで楽しい気分にさせてくれます。

周辺に行きつけのお店を作る

できれば2~3件の違うお店があると定期的に通える。

外出の頻度が上がると人に出会う機会も増えますし、部屋以外にもリラックスできるような空間を確保しておけば、その時の気分で場所を変え気持ちを切り替えることができます。

他にももっといろいろな寂しさの紛らわし方がありそうですが、実はここにご紹介しているものには、ある共通点があります。
それは「出会いの場を広げる手段」だということ。

一人暮らしで仕事先と部屋を行き来するだけだと、出会いの場がほぼ職場だけに限定されてしまいますよね。
でもそれだと、友人や恋人を作るには圧倒的に「出会いの数」が足りないと思うんです。
人と人が出会わなければ友人関係や恋人関係は絶対に生まれませんし、そんなに都合よく職場に自分と相性のいい人がいるわけでもありません。

せっかくなら、趣味や日々の生活空間をできるだけ出会いが生まれる場にしてあげられれば、友人も恋人も作りやすいのではないかと私は考えています。
実際、筆者はオフ会で出会った人と15年も友人として付き合っていますし、年に数回ほどオフ会(という名の飲み会)も開いています。

一人で寂しいと思うのなら、少しだけ上でご紹介したような行動を起こしてみてください。
きっとすぐに、なんらかの出会いが待っているはずです。

その他一人暮らしで便利なアルバイトハック紹介

ここまで、一人暮らしのためのいろいろな生活術や注意点をご紹介してきましたが、それら「アルバイトハック」とも呼ばれる生活術は、他にも星の数ほど存在しています。

どのアルバイトハックも非常に役立つものばかりですので

最後にずらーっと箇条書きでご紹介してみようと思います。

興味のあるものがあったら、詳しい内容をご自分でネット検索してみてくださいね。

では行ってみましょう!

便利なアルバイトハック20連発!!

  • 金欠気味な一人暮らしなら「格安スマホ」。最近は月2000円ほどで使える。
  • 貧乏アルバイターの味方「スーパーの値引き弁当」値引きされるタイミングがシビア。
  • 100均は安くて便利!でもすべてが安いわけじゃないので気をつけるべし!
  • 賃貸ならこまめに掃除をする。部屋を出る時、汚すぎるとお金取られちゃいます。
  • 家賃や公共料金は引き落としに。そして毎月通帳記入すると支出が把握できる。
  • お金に余裕がある時に保存食を買っておくといい。缶詰や乾物などがおすすめ。
  • セールス対策は居留守が一番。ヘタに相手にすると脈ありと思われる。
  • スーパーの広告は持って帰る。生ゴミをくるんで捨てるとニオイがやわらぐ。
  • 一人暮らしの便利グッズ決定版!その名も「重曹」。安かったら買い込むべし!
  • 少々面倒でも、買ってきた肉類は最初に小分けにすると使い切りやすい。
  • TSUTAYAのTカードにはクレジット機能がある!審査も通りやすいのでおすすめ。
  • 一人分のお米ならタッパーに入れて保存すると楽。密封できるので虫がつかない。
  • 食事はランチプレート方式のほうが洗い物が少なくていい。プレートはネットで買える。
  • ひじきやわかめ、昆布などの乾物のレシピを増やすと冷蔵庫もお腹もスッキリ!
  • 一人暮らしを始めたら、まずはアンペア数のチェック!高いアンペアは基本料金が高い。
  • ティッシュの箱にトイレットペーパーを入れて使えばかなり安上がり。
  • ゆで卵を茹でるならマグカップが便利。水と生卵をいれてレンチンするだけ。
  • 焦げとり、垢とり、なんでもござれ!簡単掃除グッズなら「ウレタンスポンジ」。
  • チーズやチョコレートは超高栄養価。本当に金欠な時はこれらをちびちび食べて耐える。
  • 楽天の登録するだけでポイントがもらえるサービスがすごい。差し引き数千円の儲け?

細かい節約術から、知っておくと絶対お得な実用情報まで各種取りそろえてみました。

みなさんが興味を引かれるようなものはあったでしょうか?

これらのライフハックがみなさんの一人暮らしの一助になれば、寝る間を惜しんで執筆した筆者も浮かばれるというものです(笑

どうか、健康的で快適な一人暮らし生活をお過ごしくださいね。

***********ライタープロフィール***********

けんぷープロフィール画像

アルバイトブログライター:けんぷー

様々なバイト経験を活かした多角的な視点からアルバイト関連の内容について執筆。

**************************************

勉学に忙しい学生はバイトと勉強をどのように両立させた?

勉学とバイトを両立できるアルバイトハックを紹介

学生の頃のアルバイトって何かと大変ですよね。学生の本分はあくまで学業ですから、そちらをおろそかにするわけにはいきませんし、とは言え遊びたい盛りでもありますから、お小遣いだって欲しい!悩みどころですよねぇ。

充実した学生ライフを送るためには、バイトと勉強の両立がカギを握っているのは言うまでもありませんが、時間が有限である以上それは簡単なことではありません。
どうすれば勉強とバイトを上手に両立できるのか、一緒に考えてみましょう。

まず、バイトと勉強の両方と上手に付き合っていくには、いくつかのポイントを押さえておく必要があるようです。ちょっと以下にまとめたものを見てみてください。

  • 頼まれると断れないタイプの人は、断る努力をしてみる。
  • バイトを楽しみすぎると危険。例え楽しくてもほどほどを心がける。
  • 短期、短時間のバイトのほうが学校のスケジュールに合わせやすい。
  • 在宅ワークやブログでの広告収入を狙ってみる。少額を稼ぐことはそんなに難しくない。
  • 知り合いなどに頼れないかを家族に聞いてみる。お店をやっている親戚がいれば吉。
  • 多少給料が落ちても、なるべく通勤時間が短い仕事を優先する。
  • 中途半端にバイトと勉強を同時に消化しないようにする。(バイト先で勉強するなど)
  • 仕事もバイトも先輩、上級者へ相談・質問をするように心がける。時間短縮につながる。
  • 深夜のバイトは避ける。高時給だが、講義中に寝てしまっては本末転倒。

上でご紹介したものの多くは、実際にアルバイトと勉強を両立してきた人の体験談が元になっています。筆者も高校と専門学校時代にアルバイトをした経験がありますので、その経験も踏まえています。

時間に関するポイントも重要ですが、筆者が最も重要だと思ったのは「中途半端にバイトと勉強を同時進行しないこと」です。

コンビニの深夜のアルバイトなどはお客さんも少なく退屈になる時があります。

そんな時についつい問題集や英単語ノートを引っ張り出して勉強しようとしてしまいがちですが、アルバイトをしている時は、いわゆる「仕事脳」になっている状態みたいで、そこで勉強した内容ってそんなに身につかないみたいなんですよね。

それに中途半端に勉強していると仕事もミスしがちになります。

学生時代ではありませんが、筆者がコンビニで働いていた時に、お客さんが来ているのに気づかずその場でお客さんに怒られてしまったこともあります。

その時、筆者は裏で家計簿をつけていまして……。やめておいたほうが懸命です(笑

できるだけバイトと勉強は切り離しておいたほうが効率的なようです。
もっと言えば、バイトは土日や祝日だけにして、平日は完全に勉強に徹するというスタイルのほうが両立が上手くいくような気がします。

同時に、完全にオフの日も作ったほうがいいですね。

これは筆者自信が今でも感じていることですが、人間にはやはり「休息」が必要なんです。
ここで言う休息というのは、単に仕事や勉強をしないということではなく、精神をリラックスさせるとか、癒やしたりするということです。

丸一日、自分が楽しいと思うことをやるだけの日を作っておくと、バイトや勉強の能率もきっと良くなると思います。

それからもう一つ。

学生時代に深夜の仕事はおすすめできません。筆者はフリーターの頃に散々深夜のアルバイトを経験してきましたが、あれは時間に自由のきくフリーターだったから出来たことだとつねづね思っています。

学生は朝早くから学校の授業や講義に出なければならないわけですから、どうしても睡眠時間は削られてしまいますよね。

仮にみなさんが大学生だっとして、ある程度講義を休むことができるとしても、毎日昼まで寝ていてもOK、というわけにはいかないと思います。

睡眠不足になると思考力や判断力が鈍るのは誰もが知る事実ですが、それだけでなく、深夜のアルバイトは精神的に気が滅入る人も多いらしく、そのままネガティブ思考になってしまう人も多いそうです。

ごく一部の人だけとは言え、そういったメンタルへのダメージを受ける可能性を踏まえると、学業を優先すべき学生さんには不向きな働き方ではないかなと思うわけです。

アルバイトと勉強を両立するために大事なのは、目先の高い給料や時間短縮ばかりに惑わされず、長いスパンで無理なくアルバイトと勉強を続けていける、そんな状況を作り出すことなのではないでしょうか。

アルバイト、勉強、休息、この3つのバランスを上手くとって快適な学生生活を送ってもらいたいものです。


ライタープロフィール

けんぷープロフィール画像

アルバイトブログライター:けんぷー

様々なバイト経験を活かした多角的な視点からアルバイト関連の内容について執筆。

アルバイトが激務すぎてやばい...そんな悩みを解決するハックを紹介

激務すぎる...そんな時はどうする?

言うまでもありませんが、「働く」というのは実に大変です。

筆者も経験がありますが、これまでに働いた経験がなかった人間が、急に社会に出て働きだすことになると仕事の忙しさに目が回ってしまうことってあるんですよね。

一人暮らしで家事も自分でやっているのならなおさらで、それでもし職場がとてつもない激務の職場だったら……。

これは非常にヤバイです。冗談抜きで命に関わることだってあります。

そんな時、自分の身を守るために必要なのが「適度に手を抜くこと!

ようは仕事をサボるということです。

誰だって精神力や肉体に限界はありますから、手を抜けるところで楽をしておかないと後が怖いですよ。病気になったり、精神的に弱くなったりとか……。

ですからここでは、ちょっとした仕事の手の抜き方(サボり方)のようなものをご紹介してみようと思います。

仕事で楽しよう!ということではなく、あくまで無理をしないための対処法だということをご理解ください。念のため(笑

以下に、筆者がアルバイター時代に実際にやってきた事や聞いた事、それから他のアルバイト経験者からの意見などを交えてまとめてみました。

  • 社員と仲良くなってサボり方のアドバイスをもらう先輩から仕事とサボりを学ぶ
  • トイレでサボり外回りでサボりはある意味社会人の常識。しかしあまりに長い時間の外出やトイレごもりは危険!適度にしておくのがコツ。
  • パソコンを使う仕事だと、仕事中に隠れて別のページを見たりしやすい。職場でネットゲームやネットサーフィンをしている人はかなり多いそうですよ。
  • 仕事ができる人ほどサボり方が上手い。でもあれは「自分で仕事を構成」してるからできること。
    大事なとこはしっかりやって、そうじゃないとこは適度に手を抜く、っていうことらしい。会社の不利益になるようなサボり方はしないのがカッコイイ社会人だ。
  • ついつい仕事を休んでしまった場合、翌日最も大事なのは「いかに反省しているかを見せる」こと。前もって自分の代わりを探していた事実なんかを作っておくと効果絶大!
  • ずる休みは急に休むから怒られる。前々から「最近、足の調子悪いんですよねー」とか「近々実家のほうで祖父の遺品整理するらしい」といった、話の前置をしておいてこの日に休みたい!と言えば許可が降りやすい
  • そういえば、バイトやパートでも「有給休暇」が取れるって知ってますか?
    実際にはしぶい顔をされることも多いですが、有給を取るのは当然の権利なので、どうしても休みたい日などには利用を考えてもいいかも。(ただし、有給が取れるのは半年以上働いた後)
  • パン工場とか工業系のライン作業なんかは、息抜くヒマもないからかなり大変だけど、あーいうのは慣れてくると手が無意識に動いてくれるから実は楽。最初の頃に反復練習でもして早めに慣れるようにするといい
  • 力仕事は力の入れ方や力を込める場所が重要。ネットで調べるのもいいし、熟練者に相談するのもいい。知ってるのと知らないのとでは仕事の能率がまったく違うから、楽したいのなら早めにチェックしておいたほうがいい

どうでしょうか。

中にはサボり方ではなく、ちゃんとした休みの取り方や仕事のやり方などもご紹介しましたが、「知らなかったせいで仕事が大変になっていた事」ってけっこう多いんですよね。

有給休暇などは特にそうで、アルバイトなんかに有給があるわけないじゃん、と思い込んでる人ってまだまだ多いみたいなんです。

まぁ実際には「アルバイトなのに有給取るの?」みたいな顔をされることも多いと思いますので、どうしても休みたい日があるけど、ずる休みはしたくない!という人や、当然の権利だ!と考えている人以外は特に気にしなくてもいいかもしれません。

実際、筆者もアルバイト時代に有給を使ったことはありませんでした。

私の友人の場合は、2年間勤めたアルバイトを辞める際に、勤務期間が終わった後に有給を使う形にしてもらっていましたね。

有給は20日分あったそうなので、実際には11月1日に辞めたけど、11月21日まで働いたことになっているということだそうです。賢いやり方ですね。

しかしこういうことは、勤務先の理解が得られないとなかなかできることではありません。

普通のサボりについてもそうですが、従業員が適度にサボっている程度なら、知っていてあえて見過ごしてくれる上司や会社も多いです。

そのほうが仕事の能率が上がるということがわかっているのかもしれません。

みなさんも、そんな良い職場に巡り会えればいいですね。


ライタープロフィール

けんぷープロフィール画像

アルバイトブログライター:けんぷー

様々なバイト経験を活かした多角的な視点からアルバイト関連の内容について執筆。

僕の私のアルバイトハックお金編第3弾

アルバイトについて考える

アルバイトをする人々にとって、様々な不安や疑問をかかえて過ごしていることだと思います。

アルバイトで生計を立てている人も少なくないでしょう。

では、アルバイト生活にはどのような疑問が多いのでしょうか?

ここでは、自分の経験を元にアルバイトをする人々の生活に迫ってみました。

アルバイトを始める理由

アルバイトをする人々が何故アルバイトを始めたのかというと、そのほとんどがお金を稼ぐためでしょう。
学生時代に親からの仕送りだけではやっていけないという人や、親に負担をかけたくないという理由から初めてのアルバイトを考える人が多いですね。

中には、高校生時代からも家庭の経済的な原因で親を助けるためにアルバイトを始める人もいれば、お小遣い稼ぎに学校帰りにアルバイトをする人もいます。

いずれにしてもほとんどの場合がお金を稼ぐ手段としてアルバイトを始めるのです。アルバイトを雇う側も様々な状況に応じて、高校生でも採用することが多くなりました。時給も年々高くなっている状況ではありますが、その一方でブラックバイトと呼ばれる会社もあり、社会問題ともなっています。

アルバイト生活に求めるもの

アルバイトを探す時に大切なことは、その時の生活に適したアルバイトを見つけることです。
たとえば、一人暮らしの大学生であれば、まかないのある飲食店のアルバイトを探すことが一番最適かもしれません。
まかないがあることで学生にとっては、食費や栄養面においても大きなサポートとなるはずです。
アルバイトを採用する側も時間も残業など比較的融通の利く大学生はアルバイトとして重宝であることも事実です。

また、高校生などにとっては、社会生活を学ぶ上でアルバイト生活をどう選ぶかは大切なことです。しかし、現実的には高校生を採用する会社は限られていることも事実で、その選択肢の中から選ぶと、やはり時給とかは若干安くなるのが厳しいことですね。

ただ、逆に言えば、30代くらいのアルバイト生活をしている人が、同じ仕事でも高校生と同じ時給?と疑問を持つ人もいますね。

あくまでも会社によって時給の決め方はそれぞれで、その人の仕事に対する姿勢やスキルによって決められているので、納得のいくアルバイトを探したいものです。

アルバイト生活で他の金策を持っている人もいる

アルバイト生活をしている人の中には、実は他に兼業をしている人も多いようです。
たとえば、将来的に夢を見ていることがあり、そのためにアルバイトをしている人もいるでしょう。
作家を目指している人は、日頃、文字を書いているので、それでわずかでも収入を得ている場合もあります。
芸能界を目指している人は、小さな仕事で収入を得ていることもあります。

あるいは、株やFX,投資にかなりの知識を持っている人もいます。
昨今で有名になっているユーチューバーなども新たな金策と言えるかもしれませんね。

本当に金欠で困ったアルバイトの対策とは?

一生懸命にアルバイトをしていても、思うようにアルバイトに入れなかったり、閑散期には一気にアルバイト時間を減らされてしまうこともあります。
それに対して、何も抵抗できないのがアルバイトでもありますが、そんな時、アルバイトで生計を立てている人はどうしているのでしょうか?

まず最初に考えるのは、他のアルバイトを兼業することでしょう。
しかし、時間的な配分や肉体的な疲労で難しいことも多いです。また、大学生や高校生ではそのことで本業の学業に影響が出てしまうこともあるので、あまりお勧めできません。

そうはいっても、実際に住んでいるアパートの家賃が払えなかったり、光熱費に苦しんだりする人もいますよね。
そんな時には当日払いの短期アルバイトを利用する人も多いようです。
短期アルバイトにはいろいろとありますが、手っ取り早いのはチラシやティッシュ配りのアルバイトや、引っ越しアルバイトなどがあります。
最近では、女性の短期アルバイトも多く募集しているので、探せばいろいろと見つかるでしょう。

また、アルバイトを採用している会社が大手などの場合は前借制度を可能としているところもあるので、アルバイトを選ぶ時のひとつのポイントとして念頭に置いておくと良いかもしれませんね。

アルバイトで前借制度がある会社なんてあるの?

正式な社員でもないアルバイトに給与の前借りを認めている会社は多くはありません。
しかし、実はないこともないのです。
有名な会社では「笑笑」や「魚民」を経営している「モンテローザ」や製造業や工場の求人を扱っている「テクノサービス」などではバイト代の前借りが可能です。
ただし、その会社なりの条件があるので、事前に調べておく必要はありますね。

また、大手企業でなくても、小さな会社でも社長が人情に熱い人だった場合には、社長権限で対応してくれることがあります。
今、深刻な人手不足に見舞われているそのような会社が増えていることもあるようです。

しかし、どういう場合にしても、アルバイトとして会社に信頼されていることが何よりも大切ですし、その信頼がなければ、前借りは難しいでしょう。
また、その信頼を持続するためにも、何度も前借りをお願いするようなことは避けたほうが良いでしょうね。

アルバイト生活を続ける理由

アルバイトは一過性の生活手段と考える人がほとんどの中、あえてアルバイト生活で生計を立てている人がいることも事実です。

何故、あえてアルバイトで生計を立てているのでしょうか?
一番多くの理由は、将来的にやりたいことがあり、通常の正社員などではその夢に集中できないということからのようです。
売れなかった芸人さんたちがずっといろいろなアルバイトをしながら生活をしてきたという話をよく聞きますよね。
芸人さんだけでなく、このような考え方の人は結構多いようで、作家を目指す人や、漫画家を目指す人などが当面の生活費をアルバイトによって得ていることは多いのです。

また、今は大きな企業でもいきなりリストラにあったり、早期退職希望が募られることが多くなりました。そんなことから、正社員を目指す人のモチベーションが下がったことや、正社員を目指す理由がわからなくなったという人が多いのです。

企業側も人手不足が深刻になっていることからアルバイトの採用を増やし、その時給も高騰させていると言います。
そのような状況が、今のアルバイト生活を続ける人を増やしている理由と言えるでしょう。
 

アルバイトをしながら、自分の将来的な道を模索する

自分の一生の仕事として何がしたいのか、何ができるのかがなかなか定まらない時代であることも大きな影響を与えているのかもしれません。
最近の若い人の中には、正社員として大企業で働くよりも、アルバイトでお金を稼ぎ、海外へ行ったり、様々なアルバイトを経験することで将来の自分の生き方を決めたいと思う人も増えているようです。

実際に様々なアルバイトの経験を重ねることで、自分で事業を起こす人もいるほどです。
そう考えると、様々なアルバイトの経験は決して無駄ではなく、むしろ豊富な人生経験として自分で事業を起こす時に大きなメリットとなるでしょう。

また、企業側もアルバイトで入ってきた人々を会社側から正社員登用の話を持ち掛ける場合も増えているようですが、固辞する人も少なくないようです。
アルバイトをしながら他の仕事を探したり、自分の将来のためにあえて正社員を選ばない生き方は今の時代では決して珍しくないことです。
すべての人がそれで成功する保証はありませんが、逆にアルバイト生活を長くしているからと言って、生きていくことに不利になるとも限りません。

人それぞれにいろいろな生きた方があり、それを貫ける時代であるとも言えます。まずは自分のやりたいこと、将来こうなりたいという目標を見直してみてはいかがでしょうか?


ライタープロフィール

emilollaプロフィール画像

アルバイトブログライター:emilolla

ライティング歴16年のベテラン。ブログや体験記などの多くの経験を備える。美容や保険、ネット、法律など幅広い知見からアルバイトの仕事内容について切り込んでいく。

これで人間関係に困らない!アルバイトハックを経験者が紹介!

アルバイト4人の紹介

今回は以下の4名のアルバイト経験者の方に、アルバイトの人間関係が今よりも上手くいく!そんなアルバイトハックを紹介していきたいと思います。


ライタープロフィール

ライターサイトープロフィール画像

アルバイトブログライター:ライターサイトー

レジや惣菜販売などの定番のアルバイトはもちろん、保育園や写真屋、芸能人が経営するカフェでのバイト経験もあり様々な仕事を経験。

幅広い職種経験を活かした多角的な視点からアルバイト関連の内容について執筆。

emilollaプロフィール画像

アルバイトブログライター:emilolla

ライティング歴16年のベテラン。ブログや体験記などの多くの経験を備える。美容や保険、ネット、法律など幅広い知見からアルバイトの仕事内容について切り込んでいく。

けんぷープロフィール画像

アルバイトブログライター:けんぷー

様々なバイト経験を活かした多角的な視点からアルバイト関連の内容について執筆。

ライターよし

アルバイトブログライター:ライターよし

家庭教師経験もある頭脳派ライター。

地図作成のチェックなど珍しいバイトも数多く経験している。

珍しい経歴ではあるがライティングは堅実。読者にわかりやすい内容を心がけています。

アルバイト生活においての人間関係・お局様編

アルバイト先で良い上司や先輩に恵まれる場合ばかりではありません。

さらに言えば、むしろどんな職場にも苦手と思われる人物は存在することの方が多いでしょう。

アルバイトの立場だと、頭からそのような目で見られる部分もあり、最初から見下した態度をとられる場合もあるかもしれません。

その根底には、若い女性だったりすると、それだけで妬みや嫉妬の対象となり、お局様のような存在の女性に何かと当たられることがあります。

逆に、ある程度年齢がいった人であれば、それもまた見下される原因ともなります。

女性の職場は難しいと言われますが、そんな人間関係でアルバイトをやめてしまう人もいますよね。

そんな時の対処方法を考えてみましょう。

こちらが不通に作業をこなしていても、何でもかんでもダメ出しをしてくる人がいたら、まずは様子を見ましょう。

その人に言われた通りのことをしていてもさらに小言を言われる場合には、他の人に相談するのはタブーです。

ひとまずその人の言う通りに行動し、わからないこと、注意されたことをその場で質問します。
「教えて頂きたいんですが」という低姿勢が大切です。

その人を尊敬し、その人を目指します、くらいの気持ちをわざと見せるのです。

それでも笑顔を見せてくれない場合には、少し反撃してみます。

「この間、〇〇さんに言われたように××してみたのですが、こうなってしまいました。どうしたら良かったのでしょうか?」

やんわり、でも、ちょっとだけ反撃です。それで、相手は確実に変わるはずです。

こちらを味方につけようと思えば、徹底的につきっきり指導をしてくるでしょう。

しかし、そのうちに仲間意識が芽生えてきて、自分の言うことはちゃんと聞く、と考えるようになるでしょう。

もちろん、仕事中のことだけなので、それで仕事がうまくいくのなら、そう思わせておいても良いかもしれませんね。

でも、そのようなお局様のことは、実は周囲もわかっていて、ある程度、落ち着いてくると周囲から声をかけてもらえるようになると思います。

「〇〇さん、大変でしょ?私も最初そうだったのよ。」など話かけてくれる人が出てくるので、そうなれば、仕事も苦にならなくなるでしょう。

たった一人の面倒くさいお局様のために、せっかくのアルバイトを辞めるのはもったいないことです。

アルバイト生活の人間関係・最高責任者編

人間関係の嫌な場合もお局様とか単なるスタッフの一人の場合は、大した問題ではありませんが、その相手が最高責任者だったりすると話は変わります。

たとえば、コンビニの店長、オーナーがあまりに問題がある場合には将来的な展望が望めないので、そんなアルバイトは思い切って辞めたほうが良い場合もあります。

あるコンビニでバイトをしていた時に、高校生がアルバイトとして入ってきました。彼はアルバイト自体が初めてで、でも一生懸命に仕事を覚える子でした。

けれど、その店のオーナーは業務をちゃんと教えず、見て覚えろというタイプ。研修もありません。

入ったばかりのその子に、いきなりレジに立たせて、わからなかったらもう一人のスタッフに聞け、という感じでした。

しかし、ご存知のように今のコンビニのレジ操作はあらゆる対応が必要で、マニュアルや最低でも3日ほどの研修を受けなければ、なかなかできるものではありません。

それなのに、いきなり忙しい夕方のレジに立たされた男の子、ゴルフの往復宅急便をミスしてしまい、ゴルフバッグがその日に目的地に届かない状況が発生してしまったのです。

オーナーは激怒し、とりあえず赤帽を利用して、ゴルフバッグを届けることにしました。お客様にはそれで済んだのですが、その赤帽にかかった費用が8万とのことで、オーナーはなんとその男の子から弁償させることにしたのです。

もちろん、彼の時給はそれほど高くなかったので、4回の分割払いにして、給料から差し引きました。

男の子は最初、親にも言えずにいたのですが、3か月ほどしてもあまりにお給料が入らないことに不審に思った親に問い詰められて、初めて話したそうです。

親はもちろん激怒、店に怒鳴り込んできました。

それでもオーナーは、「支払う義務はそっちにある。分割にしてあげただけでもあり多額思え」と発言。

結局、もめにもめましたが、親がその残金を払い、その場でその子を辞めさせました。

コンビニはフランチャイズ制なので、コンビニ本部に話を持って行っても、SVがオーナーに話はしても、強制力はないと言われています。

こんなコンビニのアルバイトは即刻辞めるべきです。

コンビニはオーナー次第の小さな会社と同じなので、オーナーの人間性に問題があると思ったら、続けていても絶対に良いことはありません。

この男の子の事件のほかにも、オーナーの人間性に問題があったので、私も入って2週間でこの店を辞めましたが、正解だと思っています。

ただし、いくらフランチャイズだと言っても、大手コンビニの経営なのですから、一応所轄のSVには話をしておいたほうが良いでしょう。

結局このコンビニは、アルバイトもどんどん辞めていき、近所の評判も悪く、1年ほどで廃業となりました。

アルバイト生活の人間関係・総合編

アルバイトでなくても、正社員の世界でも人間関係は仕事を続ける上での大切な要素となりますね。

人間関係が苦手だという人は、あえてあまり人と関わらなくても良いライン作業などの製造業を選ぶのもひとつの方法かもしれません。

しかし、それでも仕事をする以上、最低限の人との関わりは必要となります。

そんなことを考えれば、自分の意思をはっきりと持つことが大切なのではないでしょうか?

仕事場なので、仕事さえきちんとやっていればそれで良いはずです。

ただ、アルバイトだからと言って時間に遅刻したり、簡単に休んだりということが重なれば、当然評価はされません。

アルバイトでもちゃんと業務をこなしていれば、見ている人は必ずいるはずです。それなりの評価が得られれば、人間関係に理不尽に苦しむこともなくなるでしょう。

ある程度は割り切って、仕事場とプライベートを分けることができれば、職場での人間関係は気にならなくなると思います。

仕事ができないのに悪口ばかり言う人の対応方法

仕事が出来ないのに、人の悪口ばかりを言っている人がいました。

その人はまわりの人達に多大なる迷惑をかけてばかりいましたし、店長もその他社員達も困っていました。

なかなかクビです!と言ってきるわけにもいきません。

そのため、店長とアルバイトの人達で協力して、アルバイトに入る時間や日数を徐々に減らしていきました。

本人もあれ?おかしいな?と段々気付いてきます。

そこで、店長登場です。

「今、店の売上げが少なくてみんなに少しずつアルバイトの入る時間や日数を削ってもらっているんです。でも、○さんも生活があるでしょうから、もしこのくらいで難しければもっと稼げる所でアルバイトをするのが良いかもしれませんよ。どうしますか?」

このように、本人の口から「では辞めます」と言わせるようにもっていく方法はありました。

果たして良い方法と言って良いかはわかりませんが...。

私が行ったバイト先の人間関係の安定を図った方法

こんにちはけんぷーです。

アルバイトやパートに限らず、仕事をする上での悩みのタネとなるのが「人間関係」です。

どんな職場にも一人や二人は自分と相性の悪い人がいるものですが、それが度を超えたような人だった場合にはにはとてつもないストレスになります。

これにどう対処するかで、その後のライフワークの明暗が決まるでしょう。

そこでこちらの項目では、運悪く「やっかいな同僚、または上司」に遭遇してしまった場合の対処法や、心構えなどをお伝えしてみようと思います。

筆者もずいぶん長いことアルバイト時代を過ごした人間の一人ですので、筆者なりの「人間関係の安定を図る方法」というものが身につきました。

みなさんの職場での人間関係に対して有効かどうかはわかりませんが、何かの参考になることはあるかもしれません。興味のある方はさっと目を通して見て下さい。

まずは筆者がどんな人物に出くわしてきたのか、その奇人変人たちをご紹介しましょう。

その後、仕事先でそんな人たちとどう付き合っていくかを解説してみたいと思います。

「粘着質のクレーマー!」 筆者が遭遇したやっかいな人物その①

まずは筆者がレンタルビデオ店で働いていた時に出会った人物のお話から。

職場の人間関係でやっかいなのは、何も同僚や上司との間のことだけではありません。

飲食店やサービス業などでは「お客さん」との人間関係も考える必要があります。

当時、私が働いていたお店は24時間営業をしていました。

給料が良かったので深夜のシフトに入り、0時~朝方の8時まで働いていましたが、深夜って変わったお客さんが多いんですよね。

妙に話し込むクセのある人や、ビデオ(DVD)を借りずにずーっとウロウロしてる人、どう見てもカタギじゃなさそうな人など、いろいろでした。

そんなある時、一人の中年の男性が女性連れでやって来て私にこう言いました。

「この映画、タイトルと内容違うじゃねーか!!」

突然背後から大きな声をかけられたので驚きましたが、どうやら近所に住んでいる人のようで、タイトルを見て面白そうだから借りてみたら、内容が思ったものとまったく違っていたのだそう。

私は「ひょっとしたらカバーと中身が間違っていたのか?」と思って内容を確認してみましたが、カバーにあるタイトルと映画の中身のタイトルは同じものだし、登場人物の名前も裏の説明書きと一致している。何も問題は無かったんです。

カバーと中身に問題は無いのですが……と、おそるおそる丁寧に説明したのですが、その男性が怒っているのは「思い通りの結末にならなかった事」だそうで、どうしても納得がいかずにやって来たそうなんです。

もうおわかりかと思いますが、そうです、彼は完全な「クレーマー」だったんです。

映画本編の内容が気に入らなかったといってレンタルビデオ店の店員に文句を言われても非常に困ります。

普通に考えればあり得ない話なんですが、たまーにこういうやっかいなお客さんはいるものなんです。

結局その日はなんとか説得して帰ってもらったんですが、その次の日は朝からご来店。

「やっぱり納得いかないから店長だせ」

「映画会社に連絡を取れ」

といったことを私以外の店員にもしつこく要求してきていたようです。

飲食店やサービス業で接する機会のあるお客さんは、基本的には何の害も無い人ばかりですが、一度

「お客と店員」という壁が取り払われてしまうと、やっかいな人物へと変わってしまうことがあります。

少し話し込むくらいならいいですが、仕事中ずーっとお店に居られたりすると仕事に差し支えますから困りものです。

まぁ、さきほどご紹介したような、いとも簡単に壁を突き破ってくるような人もいますが(笑

「惣菜屋の裏ボス!?」 筆者が遭遇したやっかいな人物その②

続いては、筆者の高校生時代までさかのぼったお話です。

筆者は当時、通っていた学校の近くにあったスーパーの惣菜屋さんでアルバイトをしていたことがあります。

店長さんはとても優しく、適度にきびしい面を見せるような、アルバイターにとっては理想に近い「良い店長さん」だったんですが、その惣菜屋さんにはそんな店長さんが頭が上がらない「ボス的存在のおばちゃん」がいたんです。

アルバイト歴の長い人なら1度は経験したことがあるかもしれませんが、飲食店やコンビニなどには、なぜだかわからないけど社員よりも偉そうにしているパートのおばさんがけっこういるんですよね。

ただ偉そうなだけならいいんですが、困ったことに、そういう人に限って仕事ができないことが多かったりするんですよ……。

おそらく長く仕事を続けていることでサボり方が上手くなってしまっているのでしょう。

そのおばさんのしわ寄せが、アルバイトである筆者のところへきていたような、そんな感じの仕事先でした。

仕事に意欲的だった店長さんは、ときおり思いつきで「キャンペーン」を行うことがあったんですが、裏ボスのおばちゃんは、そういった新しい仕事に対しては必ずこう言い放ちます。

「そんなことやったことありませんので、私の仕事じゃありません。」

私が入ったばかりの頃は、店長さんも頑張ってキャンペーンを手伝ってくれるようお願いしていましたが、そのうち諦めておばちゃんには何も言わなくなってしまいました。

キャンペーン中に他の人が忙しくしている中、おばちゃんは定位置に座り込んでゆっくりとコーヒーをすすっていました……。

なぜクビにならなかったのか、今でも不思議です(笑

他の職場にも、そこで長く働いているからこそワガママになってしまっているような人たちはたくさんいました。

みなさんがアルバイトやパートとして働くようになった場合、遭遇率はかなり高い部類の人たちだと思いますのでご用心を。むしろ出会わない人は幸運なのかもしれません。

「世話焼きで心配性の店長」 筆者が遭遇したやっかいな人物その③

これは筆者自身の体験談というよりも、筆者と一緒に働いていた同僚の体験談です。

コンビニの仕事ってすごく身近なアルバイトですから、働いた経験のある方も多いかと思いますが、コンビニの人間関係ってけっこうシンプルな構造なんですよね。

と言うのも、店舗の中で働いているのは多くの場合、店長+店員だけだからです。

店員同士に年齢の差があるとなかなか馴染めないこともありますが、基本的には人間関係は楽なほうの仕事だと思います。

従業員同士の複雑な役職の違いなどもほとんどありませんので、店長さんとさえ仲良くなれれば、わりとストレスフリーで働ける良い職場なんです。

筆者がフリーターになって間もないころ、近くに住んでいた友人から誘われコンビニで友人と一緒に働くことになったのですが、そのお店の店長さんがやっかいな人物だったんです……。

といっても性格が悪いとかそういうことではなく、むしろ性格は良いほうで、昼間の時間帯に働いている主婦の人たちからは「お人好しの店長」として好かれていました。

友人が、面接の時にすぐ合格がもらえて、そのまま会話がはずんで心地よかったとすごく喜んでいたのが印象に残ってますね。

友人と私は深夜の時間帯で働いていたのですが、働き始めの頃は「慣れるまでは」と、店長さんが一緒に仕事に入ってくれていろいろ教えてくれていました。

しばらくすると、友人も私も仕事に慣れてきて、店長さんがいなくても「商品の発注」や「検品」「品出し」といった仕事を問題なくこなせるようになってました。

そんな時、昼間に働いている従業員の主婦が数人一緒に辞めることになってしまい、急遽私がピンチヒッターとして昼間のシフトに入ることになったんですが、ちょうどその頃くらいから、友人が店長について愚痴をこぼすようになったんです。

友人の話は、要約すると「店長が口出しすぎてうざい・・・」といった感じのもので、仕事に慣れて1ヶ月も経っているのに、いまだに一緒のシフトに入っていろいろと口出しをしているということでした。

どうやら店長さんは極度の心配性らしく、友人が自分(店長)に何も相談せずに一人で仕事をこなしていると、なぜか心配になってしまい、わかりきった同じ内容を何度も何度も説明してくるのだそう。

まるで毎日、新人研修をループしているみたいだと、ストレスが溜まりまくった表情で話す友人を見て、正直なところ昼間のシフトに移動してラッキーだったなと思いました(笑

人間関係と言っても様々で、相手が良い人だからといって人間関係も円滑になるとは限りません

私の友人はこの後すぐにコンビニを辞めてしまいましたし、店長さんは自分の問題点にまったく気付いてない様子でした。

職場にどんな問題があるのかは、実際に働いてみなければわからないのが実にやっかいなところですよね。

職場でやっかいな人物に遭遇してしまったら、その対策は!?

いかがでしょうか。ほんの一例ではありましたが、筆者の遭遇してきた「やっかいな人物」をご紹介させて頂きました。

「あー、いるよねこういう人」なんて思った方も多いかもしれませんが、実際いろいろな職場で働いた経験から言わせてもらうと、こういった人たちは、思ったよりも高い確率で遭遇するものなんです。

ですから、アルバイトやパートとして働き始める前に、ちょっとした「心の準備」をしておくだけでも対処の仕方が全然違ってくると思います。

ではいよいよ、運悪くやっかいな人物に遭遇してしまった時の実際の対策です。

筆者なりの経験にもとづく対処法ではありますが、実際にいろいろな職場で手応えを感じてきた方法ですので、みなさんの役に立てるのではと思っています。

では、実際に筆者が職場で行ってきたやっかいな人物対策。ざっとご紹介してみましょう。

  • 年長者は世話を焼きたがるもの。わかりきった事でも、そこをあえて頼ってみる
  • 飲みニケーションという言葉もあるし、飲み会はなるべく参加しよう
  • 相手と話す時には相づちを入れよう。「そうですね」だけではなく、できれば二言以上で。
  • 職場に仕事ができない人がいるのは当たり前。むしろ自分からカバーすると心が楽
  • わがままな人物には極力話を合わせるか、できるだけ関わらない
  • 人と話す時の自分の顔を鏡で見ておく。相手を不快にする表情をしていないかチェック
  • 「手に負えない」と思った場合は上司や本社などに連絡社会人として当然の権利です。
  • お客さんはあくまで他人。基本的には「店員とお客」という関係をなるべく崩さない
  • 職場に「派閥」はつきもの。職場で構成されているグループを意識してみよう。
  • 職場の人みんなと仲良くなるよりも、一人のとても仲の良い人を作るほうが働きやすい

やっぱり人間関係で大事なのはコミュニケーションです。

職場で出会う社員の人やパートのおばちゃんは腹の立つ人も多いですが、そんな人ともそれなりに会話をしていく努力が必要です。

個人的に会話の中で一番大事だと思っているのは「あいづち」です。

私もよく人と長々と話をしますが、相手が「そうですね」や「なるほど」といった一言だけのあいづちをしている場合は「あー、この人私の話に興味無さそう」と思ってしまいます。

ですから、「そうですね、私もそう思います」や「なるほど、そういうことなんですね」といった感じで、なるべく二言以上の言葉で相手の会話に反応してあげることで、ちゃんとあなたの話を聞いてますよーというアピールができるのではないかと思うんです。

それから「派閥」について。

どんな職場であろうと、大なり小なり人はグループに分かれているものです。

むしろ学生時代などのほうが、そういった人間関係はもっとわかりやすく見えていたでしょうから、みなさんもすでに派閥争いや派閥間での息苦しさなどは経験済みかもしれません。

学校でもそうだったと思いますが、クラスすべての人と仲良くなるなんてことはとても難しく、誰にでもできるものではありません。

大抵の場合、仲の良い友達とその周辺のクラスメイトと行動することが多かったはず。

ですから職場でも、自分の性格と相性の良さそうな人を見つけて仲良くなり、自然とその人の周りのグループとも仲良くなっていく、というのが最も現実的だと言えるのではないでしょうか。

社会に出ると変に肩に力が入ってしまって、職場の人みんなに気に入られなければならない!みたいな使命感を抱く人がいますが、それは非常に大変です。

肩肘はらずに、自分と合う人、合わない人で接し方を少し変えるだけで、リラックスした状態でアルバイト生活が送れると思いますよ。

出会いが欲しいならバイトをしろ!現役の俺達がアルバイトハックを紹介!

アルバイト経験者が語る恋愛事情とは?

アルバイトが今の生活よりも快適に暮らすことを目的とした、ライフハックならぬアルバイトハックをここでは紹介します。

この記事ではみんなが大好きな恋愛のお得な話を、複数のアルバイトがそれぞれ持論を展開していきます。

(※随時更新予定!→2017/12/18更新!)


アルバイト時代の思い出、アルバイトはどう出会う?

職場の年齢層次第!

ライターサイトープロフィール画像

アルバイトは人に恵まれれば、楽しいアルバイト生活をおくることが出来ます。

同世代がいれば尚楽しいでしょう。

出会いはある所とない所がありますが、同世代がいそうなアルバイト先を探して働くことが出来れば、出会いはあると思います。

私の場合は、出会いは沢山ありました!

よって、アルバイト時代にお付き合いしていた人はすべて同じアルバイトの方でした。

アルバイトで知り合うと、仕事に取り組む姿勢や人との関わり方も見ることが出来ますので、失敗は少ないかもしれません。

そういった方とは長くお付き合いすることになるかもしれませんね。

ちょっとしたきっかけを大事に作ろう

けんぷープロフィール画像

アルバイトをしているといろいろな人に出会います。一緒に働くアルバイトの同僚や社員の人たちはもちろん、接客業ならお客さんとの出会いもそうですね。

当然、異性との出会いも多く、そこから恋愛に発展することも多いです。

アルバイトをしていて異性と出会う場は思ったよりたくさんあります。筆者が友人・知人などから聞いたことのある「付き合うキッカケになったタイミング」を簡単にご紹介してみましょう。

  • 仕事先での飲み会で
  • アルバイト仲間との合コンで
  • 取引先の従業員と仕事中に出会う
  • 仕事中にお客さんと話すようになって
  • 仕事先の社員に声をかけられて
  • アルバイトの後輩に仕事を教えていた時

筆者の実体験や聞いた話からするとだいたいこんなところですが、出会いの場は他にもいろいろありそうです。
ちなみに、取引先の女性と出会った友人はその後ゴールインしました。

仕事中であろうと男女が出会えばロマンスは生まれるということでしょうか(笑

ただアルバイターがお客さんと「出会う」場合には、ちょっとした「壁」を取り払う必要があるのではないかと個人的には思っています。

というのは、お客さんからすればアルバイトの人間なんてその辺にいくらでもいる、その他大勢の存在なわけですから、普段は特に意識なんてしてないはずなんです。

ですから、お客さんと出会うにはちょっとしたキッカケというか、普段と違うアクションを起こさないと「ただの店員」のままなんですよ。

お客さんと出会いたい場合、このただの店員という壁を取り払う必要があるわけです。

これは筆者の体験談なんですが、深夜帯のレンタルビデオ店でアルバイトをしていた時のことです。

深夜の時間帯ってお客が少なく、しかもお店に来るお客さんは同じ顔ぶれだったりするので、自然とお客さんとちょっとした会話をするようになったりします。

コンビニの深夜のアルバイトなんかも同じような感じです。

そこでいろいろな人に出会うことになったんですね。

例えばこんな人たちです。

  • 最初はクレーマーだったけど仲良くなった30代の男性。
  • なぜかいつも寂しそうな顔をしている20代の女性。
  • 平気でアダルトな会話を振ってくる20代~30代の女性。
  • いつも大量の商品を大人買いしていく30代~40代の男性。
  • 深夜なのに数人のグループでやってくる10代の男性たち。
  • 仕事中なのにカラオケに誘ってくる10代の女性。

他にもいろいろなお客さんがいましたが、ここでご紹介した人たちに共通して言えるのは、「ちょっとしたキッカケで会話をするようになった」という点です。

クレーマーの人なんかは、最初はすごい剣幕だったんですが、話をしている内に冷静になったらしく、その後はなぜかフレンドリーに接してくるようになりました。

寂しそうな顔をしていた女性はどうやら失恋直後だったらしく、人に話を聞いてほしくて人の少ない深夜にお店に来ていたみたいです。

「どうかされましたか?」と一声かけた後は身の上話が止まらなくなりました(笑

深夜帯という時間帯のせいもあるかもしれませんが、積極的に話しかけてくる人も多く、昼間の時間帯よりも深夜帯のほうがお客さんと出会える確率は高いのかもしれません。

レンタルビデオ店だけでなくコンビニの深夜にもアルバイトをしていたことがありますが、その時はやけにアダルトな会話ばかりを振ってくる女性がいました。

時間帯のせいか、そういう会話をする人は男女問わず多かった気がします。

もし、みなさんがアルバイト先での出会いを望むのなら、一緒に働く仲間や社員以外にも、お客さんと出会うこともあるんだということを知っておいてもらいたいですね。

そして業務上の会話だけでなく、ちょっとした声をかけるということを意識しておけば、それが「お客とただの店員」という壁を取り払うキッカケになるかもしれません。


協力してくれたアルバイトライタープロフィール

けんぷープロフィール画像

アルバイトブログライター:けんぷー

様々なバイト経験を活かした多角的な視点からアルバイト関連の内容について執筆。

ライターサイトープロフィール画像

アルバイトブログライター:ライターサイトー

レジや惣菜販売などの定番のアルバイトはもちろん、保育園や写真屋、芸能人が経営するカフェでのバイト経験もあり様々な仕事を経験。

幅広い職種経験を活かした多角的な視点からアルバイト関連の内容について執筆。

アルバイト生活での恋愛事情その2

2017/12/18更新!

emilollaプロフィール画像

高校生などで初めてのアルバイトの場合、ふとしたことで同じ職場内の先輩や上司に憧れの気持ちを持つことが多いようです。

仕事を教えてもらったり、仕事をしている姿を見る時に、尊敬から始まり恋愛に発展することもありますね。

特に上司に対してはそのような感情を持つようになり、恋愛へと発展しがちです。

しかし、会社によっては社内恋愛を禁止しているところもあり、公けにできない場合も多いらしく、なかなかアルバイトを続けながら交際することは難しいこともありますね。

社内の様子を見ながら、配置換えをしたり、どちらかが辞めることもあるようです。

しかし、最近では比較的オープンな会社も増えており、恋愛中のカップルが仲良く仕事をしているところも多くなりました。

仕事に影響がなければ良いと考える会社も増えており、コンビニや居酒屋、その他の職場でも恋愛中のカップルは多いようです。

店員さん同士がニコニコしながら接客をしている姿を見ることは、客側からしても決して不快なわけではなく、むしろ微笑ましいと思う人も多いのではないでしょうか?

問題はカップルの間に何かトラブルがあったり、別れてしまった時ですが、それはもう二人の問題なので、仕事に支障のない範囲で解決してもらいたいと思いますね。

また、アルバイト先でお客様と出会い、声をかけられたり、仲良くなり、恋愛関係になることもありますね。

お客様からすれば、そのアルバイトに会いたいために常連となり、話ができる立場を目指すこともあるでしょう。

アルバイトの方もその感情を受け止められたら良いのですが、一方的な思いである場合にはストーカーのような立場になってしまう場合があります。

アルバイト側は、お客様ということであまり嫌なそぶりもできずに一人で思い悩むこともあるようです。

特に若い女性の場合はなかなか人に相談することもできず、自分を追い込んでしまうこともあるようですが、このような場合には必ず上司に相談するようにしましょう。

必ず上司がきちんとした対応をしてくれるはずですし、改善できなければ警察へ届けるなどの対処も必要でしょう。


協力してくれたアルバイトライタープロフィール

emilollaプロフィール画像

アルバイトブログライター:emilolla

ライティング歴16年のベテラン。ブログや体験記などの多くの経験を備える。美容や保険、ネット、法律など幅広い知見からアルバイトの仕事内容について切り込んでいく。

吉岡里帆似の娘に出会えるかも?そんなホテルでのアルバイトとは

今年話題になった女優さんの「吉岡里帆」さん。

NHKの連続テレビ小説「あさが来た」で知った方も多いと思いますが、特に今年は大活躍でした。

京都出身のおっとりした印象の吉岡さんですが、下積み時代には4つのアルバイトを掛け持ちするなど、ストイックな部分があることもテレビのバラエティー番組で披露していました。

あんな可愛い人がアルバイトしていたのはどんなところなんでしょうか?

 

アルバイトの1つをして知られているのは、ホテルのクロークや配膳の仕事です。

吉岡さんはこのアルバイトのことを

「人を楽しませるための気遣い、気配り、おもてなし、この3つは今でも役者をする上での大事なことだと思っています」と語っています。

このホテルでのアルバイトが、女優としての心構えの基礎になっているようですが、そんなホテルのアルバイトとはどのようなものでしょうか?

 

今回は、ホテルのクロークと配膳のアルバイトについてご紹介していきたいと思います。

 

ホテルのクロークの仕事って?

「クローク」って時々聞く言葉ですが、具体的にはどんな仕事をしているんでしょうか?

 

ホテルのクロークは、お客さんの上着や荷物などを預かる仕事です。

食事やパーティーの際に、かさばる荷物やコートを持っていてはゆっくり楽しめません。

そのため、クロークで持ち物を預かり、身軽になって過ごしてもらうためのサービスです。

番号札は同じ番号が2枚あり、1枚は預かった持ち物に付けて、もう1枚はお客さんに渡します。

 

勤務時間のうち、忙しいのはお客さんが来た時と帰るときだけなので、実際に忙しいのは数時間だけです。

そのため、楽して稼げると人気のアルバイトでもあります。

 

【ホテルのクロークになるとどうなる?】

比較的フォーマルな仕事場なので、正しい言葉遣いやマナー、清潔感のある身だしなみをするように厳しく指導されます。

制服はホテルの雰囲気に合わせてカチッとしたものが用意されています。

そのため、茶髪や華美なアクセサリーもNGと考えた方がいいでしょう。

 

コートやジャケットなどは似ているものが多く、最初は預かる時に手間取ったり、引き換え札に合ったコートを探すのに手間取ってしまうかもしれません。

つい焦るといつもの自分が出てしまうので、まずは仕事だけではなく、ホテルのフォーマルな雰囲気に慣れることが大切です。

あとは場数をこなす。

正しい言葉遣いは難しいですが、場数を踏むことによって、作業や言葉遣いも洗練され、仕事にも余裕が生まれてきます。

 

【ホテルのクロークの仕事で身に付くこと】

ホテルのクロークは、お客さんが来た時にまず接客することになるので、ホテルの顔と言ってもいい仕事です。

そのため言葉遣いや身だしなみについては先輩の厳しい指導が入ります。

でもめげないでください。

ここで覚えた言葉遣いはどこに行っても通用するもの。

学生でこれから就職活動を始める人には、きっと有利になります。

身だしなみについても、どこに行っても恥ずかしくないフォーマルさを身に付けることができます。

 

【クロークの仕事で気を付ける事】

クロークの仕事で一番重要なのは、お客さんのコートや荷物を間違えて渡さないことです。

ホテルの信用にもかかわることなので、一番気を付けたいところです。

そんな大事な荷物の札。

お客さんの中にはこの札をなくしてしまう人も結構います。

そういった時の為に、荷物やコートを預かる時には、その人の特徴と一緒に荷物や上着についても覚えておくと安心です。

荷物やコートを預かり、荷札の通り返す。

単純な作業ですが、一旦混雑してくるとパニックになることも。

冷静沈着さを持って、機転の早さも求められる仕事です。

 

ホテルの配膳の仕事って?

ホテルの配膳の仕事は、ホテル内の結婚式場、レストラン、料亭などで接客するウエイター・ウエイトレスの仕事です。

具体的に挙げると、披露宴などの宴会での配膳係は、宴会が始まる前のテーブルセッティングを行います。

宴会が始まったら、新しい料理やお酒を運んだり、空いたお皿やグラスを下げます。

お客さんが快適に飲食を楽しめるように、お手伝いをする仕事です。

 

【配膳バイトに資格やスキルは必要?】

配膳のアルバイトの応募を見ると、未経験者を歓迎しているところが多いように、特に資格やスキルは必要ありません。

かと言って未経験者と経験者が同じ時給で出発と言うことは少なく、経験者は時給の面で優遇されることがあります。

仕事を始める前に研修を受けたり、先輩からの指導もあるので、仕事を始めるに当たっての不安もないでしょう。

仕事をこなしていくうちに、接客スキルや社交マナーがどんどん身に付きます。

 

【配膳バイトで気を付ける事】

ホテルの配膳の仕事は、フォーマルな場所での仕事になるので、服装や髪型には規定があります。

食べるものを扱う仕事なので、女性は髪を1つにまとめたり、男性でもロン毛は禁止だったりと、清潔感のある髪型を求められます。

また、華美すぎるメイクやネイルも禁止されている場合がほとんどです。

 

【配膳バイトのいいところ】

ホテルの配膳バイトは、比較的時給が高いところが多くあります。

そのため、接客業が好きな人にとっては、効率よく稼ぐことができるバイト先でしょう。

また、お客様と直接接する仕事なので、上手にお客様に気配りが出来た時などは、直接感謝の言葉をかけてもらえたりと、やりがいを感じられる仕事です。

また、仕事の前に研修を受けることで、テーブルマナーが身に付くので、自分がフォーマルな場に出る際にも役に立つでしょう。

 

また、まかないも大きな魅力です。

まかないと言ってもホテルのレストランで使われる食材を使ってのまかないなので、結構豪華なメニューもあります。

まかないを作るのもシェフだったり、シェフの見習いだったりと本格的。

まずいわけがありません。

食費が浮くのも嬉しいポイントです。

 

ホテルの配膳の仕事は週末や祝日に必要な人員です。

平日はそれほど人数を必要としないので、週1にちからでも働けるのも魅力です。

平日は働いているけど、ちょっとお小遣いも欲しいダブルワーク希望の人でも、無理せず働けるバイト先です。

 

【配膳バイトの大変な所】

披露宴や宴会などは時間が決まっている中での作業になるので、一度仕事が始まるとタイトなタイムスケジュールの中での仕事になります。

 

また、立ちっぱなしの仕事で、食事の盛られた食器や、飲み物をいくつも運ぶので体力が必要になります。

また、披露宴などは土日の週末や祝日に行われることが多いので、多くの人がお休みしているときに働くことになります。

そのため、土日祝日にお休みの友達とのお出かけは難しいことも。

 

【配膳バイトで気を付ける事】

配膳バイトをする際に気を付けることをいくつかご紹介します。

 

①時間厳守

宴会やパーティーは開始時刻が決まっています。

遅刻をすると、人手が足りずに宴会やパーティーの開始に影響を及ぼすことも。

時間厳守で出勤しましょう。

 

②守秘義務を守る

宴会やパーティー中は、結構お客様のプライベートな情報も耳に入ってきます。

また、有名な人が参加されている場合もあります。

そんな時にも業務上知り得た情報は絶対秘密厳守。

以前にもホテルに勤めている人が、有名な人が宿泊していることをツイートして問題になりましたよね。

そうならないように、守秘義務を守りましょう。

 

③安全・衛生面に気を付ける

食品を扱うので、安全面・衛生面には十分配慮が必要です。

お客様自身がきちんと手洗いをしていても、配膳する人が出来ていなければどうしようもありません。

手洗い、身だしなみはもちろん、自分が安全・衛生を乱さないように気を付けましょう。

 

④フォーマルな場所での装い・態度

お得意様と親しくなってもそこはフォーマルな場所です。

職場にふさわしい装いとマナーを崩さず、きとんとしたマナーを心掛けましょう。

 

⑤協調性を持つ

宴会やパーティーの配膳は一人一人の作業のようで、チームプレーです。

いかに全員が協力して、その時間で仕事をこなすかが大切になります。

そのためには個人プレーではなく、協調性をもって、みんなとのコミュニケーションも必要です。

ルールや決まりにそって仕事を進めることも大切になります。

 

まとめ

ホテルのクロークと配膳のアルバイトについてご紹介してきました。

両方とも、接客業なので身だしなみはもちろん、ホテルと言う場所柄からフォーマルな立ち振る舞いが大切なことがわかりました。

普段ホテルとは縁のない人には構えてしまうかもしれませんが、一度働いて身に付けると、

将来自分がどこに行っても恥ずかしくない振る舞いが出来るスキルが身に付きます。

 

接客が好きな人、ホテル業界やレストラン業界に興味がある人にはもちろん、

ホテルに縁のない人ほど、ぜひチャレンジしてみて欲しいアルバイトです。