出費の多い年末年始。。お歳暮の時期、狙い目は運送業バイト?

気付けばもう12月。
11月のうちから済ませておけることは沢山あるのに、12月になるまで重い腰が上がらない私です。
 
年賀状、買ってないな・・・。
大掃除どうしよう・・・。
お歳暮、何にしよう・・・。
 
やらなければならないことは山の様にあるので、とりあえず急がなきゃならないものから取り掛かります。
 
年賀状はギリギリでも行けるかも。
大掃除。万が一掃除できなくてもお正月はやってくる。
お歳暮。。。まずはこれだな。

それにしても年末年始ってなんでこんなに出費がかさむんでしょう。
あれやこれと、次々にお金が出て行ってしまう。
忙しいこの時期だけど、なにかいいアルバイトはないものか。
 
そうだ!
お歳暮の時期にちょうどいいアルバイトがある!
 

お歳暮を贈る季節に募集がかかるバイト

そもそも「お歳暮」ってなんだと思います?
親戚や知り合いから年末にもらう贈り物。
私はそう思っていました。
でも調べてみると意外!
 
「歳暮」は元々「歳(とし)」の「暮れ」、つまり年末のことを表す言葉だったそうです。
 
それが江戸時代に生まれた「感謝の気持ちを込めて贈る」行為とあいまって、
現在の「歳の暮れに日ごろのお礼と感謝の気持ちを込めて贈り物をする」ことに変化したそうです。
 

【お歳暮を贈る時期】

お歳暮を贈る時期は、本来だとお正月の準備を始める「事始め日」に当たる12月13日から12月20までの期間になります。
でも百貨店なんかでは、もっと早くから特設会場が設けられていますよね。
最近では、年末の忙しい時期に贈っては迷惑だろうと、11月末ごろから贈る人も多いようです。
ただちょっと注意したいのが生鮮食料品。
お歳暮でお正月用の生鮮食料品を贈る人も多いですよね。
この場合はあまり早くに贈ってしまうと賞味期限が切れてしまう恐れもあるので、年末近くに届けた方がいいですね。
 
つまりお歳暮を発送する場合、11月末から12月20日までが多いということになります。
この期間、お歳暮を贈る運送会社は大忙し。
そうです!
お歳暮のこの時期にバイト募集がかかるのは運送会社です!
 

年末年始の運送会社のアルバイト

 
そういえば、私の友人は長い間、ヤマト運輸でアルバイトをしています。
普段は時々連絡が来ますが、年末年始にはぱったりと音信を絶つのが恒例です。
それほど忙しいのでしょうか。
友人の話を聞きつつ、年末年始のヤマト運輸の仕事についてご紹介しますね。
 

運送会社は年末大忙し

最近ではなんでもインターネットでポチってするだけで買うことが出来ますよね。
自宅でポチるだけで欲しい商品が自宅に届く。
ホントに便利です。
私も時々お世話になっているので、そのありがたみはヒシヒシを感じます。
でも、それに反してドライバー不足のニュースも多く目にするになりました。
配達する荷物の増加、細かい時間の配達指定、指定の時間に行ったのに不在で再配達。
ドライバーさん、ご苦労様です。
これじゃいくら時間があっても足りないですよね。
普段からこんな状況なのに、年末の荷物の多い時期だとそりゃ大変でしょう。
 
ヤマト運輸で長くアルバイトしている友人は受付担当です。
「年末はドライバーさん大変だね。」と私が言うと、
「え?ドライバーさんだけじゃないよ。」と。
声は若干キレ気味です。
もしかして気分を害したか?
私、変なこと言っちゃいましたか?
 

配達だけが忙しいわけじゃない

ヤマト運輸の仕事は
・配達のドライバー
・荷物を仕分ける人
・受付
・コールセンター
の業務があります。
 
年末年始はそれぞれ何が大変なのでしょうか?
 

【配達のドライバー】

これは言うまでもありません。
配達する荷物も、詰め込む荷物も普段より多いので、大変なことはすぐ予想できますよね。
実はさっきもヤマト運輸のドライバーさん、我が家に配達にやってきました。
はぁはぁ息いらしてましたよ。
いつもはもっとゆったりしているように思うのは気のせい?
 

【荷物の仕分け】

荷物が送られてくると、それぞれの営業所に運ぶための仕分けが行われます。
これが荷物の仕分け作業。
夜移動してきた荷物を、朝、ドライバーさんが持って出かける前に仕分けるので、深夜から早朝の作業が多いです。
女の人でも出来る仕事ですけど、やはり荷物を移動する作業なので、体力的にはちょっと大変ですよね。
でも、時間も深夜だったり体力も必要な作業なので、時給がいいのも特徴です。
 

【受付】

荷物を出しに行ったときに対応してくれる人がいますよね。
荷物のサイズを測って、値段を確認して、荷札の控えをくれる人。
あの人が受付です。
日中の仕事なので、主婦には人気のバイトです。
それほど忙しくない時期はいいのですが、年末はやはり大変。
荷物を送りに来店する人は多い。
不在配達を見て、営業所に取りに来る人も多い。
荷物を送る時間は決まっている。
やっぱり荷物が増えれば仕事も増えて大変です。
 

【コールセンター】

今ではネットで荷物の配達状況を調べることが出来ます。
今、荷物がどこにあるのか。
営業所にあるのか。
ドライバーが持って出ているのか。
配達が完了しているのか。
画面でおおよそのことは確認できます。
 
でも、それでも納得できない人、結構いるんですよ。
あとネットで確認できない人もいますから。
だからコールセンターには結構電話がかかってきます。
 
「いつ届くの?」
「何時に届くの?」
「再配達してほしいんだけど」
「荷物が壊れてたんだけど」
 
ありとあらゆる電話が来ます。
それも荷物が増えると・・・もうお分かりですよね。
そりゃコールセンターも忙しくなります。
 

年末のアルバイトの魅力

今年もヤマト運輸では年末年始のアルバイト募集が沢山出ていました。
私の家にも何度か「年末年始アルバイト募集!!」のチラシがポストに入っていました。
やっぱり荷物が増えると人も足りなくなるんですね。
アルバイト広告をじっくり読んでみると、魅力的な事がいくつかありました。
 

◎年末年始の短期間の募集

ヤマトさんにしたら、忙しい時期だけ人が足りないので、この時期だけ働く人が増えればいいわけです。
つまり年末年始の短期の勤務。
長期的に働けない人、年末年始だけ働きたい人にはぴったりです。
年末年始のお休みを利用したダブルワークなんてのも可能かもしれません。
 

◎業務によって時間が選べる

先程ご紹介した「荷物の仕分け」などは深夜から早朝。
受付やコールセンターは日中から夕方にかけて。
など、働ける時間に合わせて応募できるのも魅力です。
「受付」の募集は、一日3時間からOKとありました。
これなら家事や育児と並行して、アルバイトをすることが出来ますよね。
主婦の人での応募が出来そうです。
 

◎時給の良さ

最近のアルバイト募集を見ると、その時給の良さに驚きます。
どこも人手不足なんでしょうね。
その中でもヤマト運輸のアルバイト応募の時給は1000円オーバーは当たり前。
かなりいい時給です。
募集の広告を見ながら、普段の自分のアルバイトの時給の低さを嘆いた人もいるかもしれません。
 

運送会社で働く覚悟

いい条件が沢山そろっているヤマト運輸のアルバイトですが、
繁忙期の募集だけあって、気軽に働こうと思うのは禁物です。
やはり忙しくてアルバイトを応募しているので、働いてみるとやっぱり忙しいです。
慣れる慣れないのうちからどんどん荷物は来るし、がんがん仕事をこなしていかないと終わりません。
だからそれなりの覚悟は必要です。
 
ただ、以前に経験があったり、運送会社の仕組みを知っている人は思ったより楽かも。
私も運送会社にはよく出入りしていたので、自分でも出来るんじゃないかと思うときもあります。
ただ、荷物の仕分けとなるとどれだけの体力が必要になるのか。。。
 

まとめ

年末と言うことで、お歳暮の配達でお世話になりっぱなしのヤマト運輸のアルバイトについてご紹介してきました。
やっぱり年末ってなんだか気忙しいですね。
やることも沢山あって、行かなきゃいけない用事も沢山あって、年末はついつい不在になりがち。
お歳暮を届けているうちに、お歳暮を配達する不在配達票が届いていた、なんてこともあるかもしれませんね。
届くことを知らないとどうしようもありませんが、配達する人のことを考えると、
相手にいつならいるのか確認してから荷物の手配をした方がいいのだと思いました。
だって、自分だって訪ねて行った先が不在だったらガッカリするでしょう?
 
そんな事にも気を付けながら、年末の忙しい時期にあえてアルバイトに出てみるなんてのはどうでしょう?
稼いだバイト代でお正月に美味しいごちそうを食べるのもいいかもしれません。
その上大掃除しなきゃ!って毎日後ろめたく思っている気持ちが吹っ飛びますよ。
仕事行かなきゃいけないから、今年は大掃除諦めちゃおう!なんて。
ピカピカに掃除をした家にも、大掃除が間に合わなかった家にも、ちゃんとお正月は来ますからね。
 
筆者
専業主婦をしているチワワです。
興味があるものは何でも体験してみないと気が済まないため、高校生の頃より数多くのアルバイトを経験してきました。
人付き合いが大好きなので、短期のバイトでも同僚からかなりディープなバイト情報をゲットするのが特技です。
動物が大好きですが、家庭の事情で飼えないため、家の近所に住み着いた猫の親子を可愛がる毎日です。