金欠に悩むアルバイト生活におさらば!俺のアルバイトハックがこれだ!

大金欠!!!本当にやばい時の飢えをしのぐ方法を伝授!

携帯電話の支払い・車の維持費・家賃に光熱費に食費など、世のアルバイターを悩ませる出費は数多く、アルバイトの安い給料じゃすぐに金欠!本当にやばい!!なんて状況になることも決して少なくはないですよね。
しかしどう頑張っても、そうそう給料が増えるわけではありませんし、やむにやまれぬ事情で金欠に陥ってしまうこともあるかと思います。
本当に一文無しになってしまうと大変ですので、財布の中身がすっからかんになってしまう前に、打てる手は打っておいたほうが懸命です。
端から見ていると、金欠のアルバイターの人ほど無駄な出費をしていることも多いようで、お金がなくて大ピンチ!だという友人の話を聞いていると「そんなこと言うなら、ここをこうすればいいのに……」なんて思うこともちょいちょいあるんです。
というわけで、そういった金欠のアルバイターだからこそ気をつけて欲しい「無駄な出費」。
これをいかに改善し、節約につなげていくのかをシンプルに解説してみたいと思います。
あくまで筆者の勝手な「マイ節約術」ではありますが、筆者自身がアルバイターの頃に実際に活用してきた節約術ですから、今現在アルバイトをしている人たちに、より近い立場で提案できるのではと思っています。
ではさっそくいってみましょう!まずは「食費篇」からです!

金欠の時に、私はこうやって出費を抑えた!「食費篇」

家賃や光熱費も高いですが、「食費」も人によってはかなりの金銭的負担になります。家賃のような定額の出費を減らそうと思ってもなかなか難しいところですが、食費や光熱費であれば努力次第で簡単に出費を減らすことができるんです。
筆者がアルバイター時代に、どんなやり方で食費の出費を減らしていたかをご紹介してみましょう。
  • 普段の食事が菓子パンやカップラーメンだったのをやめた!
  • 3食お米を炊いていたが、お米の代わりにパスタや小麦粉を使う機会を増やした!
  • 食事の時や普段飲む飲料水を、ペットボトル飲料から麦茶やウーロン茶に変更!
  • スナック菓子などの完食がやめられなかったので、だし昆布を食べるようにした!
菓子パンやカップラーメンなんてむしろ安上がりなんじゃ?と思った人もいるかもしれませんが、100円で食べられる「量」を考えると決してコスパの良いものではありません。
小麦粉やパスタを自分で調理すれば、同じ100円で倍以上の量を食べられます。
飲み物は緑茶や麦茶などを自分で煮出して容器に保存するのが基本ですね。
ペットボトルや缶ジュースなどの飲料水は容器にコストの8割以上を使っていますので、安く思えても実はかなり損をしているものなんです。
自分で煮出した飲料を飲むようにすれば、飲料水代は激減します。
金欠で節約しているとはいえ、たまにどうしてもお菓子を食べたくなったりしませんか?
スナック菓子って食品としてはけっこうお高いんですよ。
筆者はスナック菓子の完食がやめられなくて月に2000円近く使ってしまっていました。
でもある時、スナック菓子も買えないくらい金欠だった時に「だし昆布」を食べてみたらそれがすごく美味しかったんですよ。
しかもあれ、乾燥してますから、少ない量でお腹も満たされるんですよね。
実は添加物なんかもほぼありませんし、安価にヘルシーに飢えをしのげます(笑
それから値段と量だけではなく栄養価も大事です。病気をしたら働けませんので、その分給料が減ってしまいますからね。金欠であっても栄養はしっかり確保していきたいところです。
というわけで、食費を抑えるための大きなポイントとして、まずは「コスパの良い食材を知る」ということをおさえておいてください。
なるべく安くて、栄養価が高く、そして腹が満たされる、そんな食材を知っておくことで、少ない出費でお腹を満たすことができます。
代表的なコスパの良い食材には次のようなものがあります。
  • パスタ
  • 小麦粉
  • 鶏卵(普通の卵)
  • 鶏肉(特に胸肉・レバー)
  • 根野菜(じゃがいも・にんじん・たまねぎ・大根)
  • もやし
  • 納豆
5kgの安いお米がだいたい1500円程度。パスタなら1kg200円以下で買えることもざらですから、単純計算でもこれで-500円です。
小麦粉ならもっと安くできますし、お好み焼きやホットケーキなど料理のバリエーションも豊富なので使いやすいですよ。
ホットケーキもお好み焼きも炊飯器で作れます!
個人的にコスパ最強なのは卵ともやしですね。
卵はお腹を満たすことこそできませんが、あの低価格で超高栄養価ですから、とりあえず1日1個だけでも食べておくと、かなりの栄養が確保できるすぐれものです。冷蔵庫には常に入れておきたい食材の一つでしょう。
そしてもやしです。もやしはとにかく安い!そして案外食べごたえがある。
筆者はセール中のスーパーで一袋300g入りのもやしを10円で買っていましたが、仮に20円だとしても十分に破格です。栄養ありますしね。
もやし料理のレパートリーを増やせばきっと幸せになれます!
これらの食費節約術で、筆者は食費を2年以上の間、月5000円くらいに抑えていました。(かなり痩せましたが……。)
しかも3食きっちり食べながらですから、けっこうな節約っぷりだったと思います。
1月で、もやし5kgくらいは食べてましたね(笑
お好み焼きも2~3日に1回ペースで作っていたので、無駄に焼くの上手くなりました。
自分では食費を抑えているつもりでも、実はそうでもないってことは多いと思います。こういった記事なり雑誌などで「本当に安く済む方法」をしっかりとチェックしておくのが何よりの節約術だと思いますよ。
では続いて「光熱費篇」にいってみましょう!

金欠の時に、私はこうやって出費を抑えた!「光熱費篇」

光熱費というのは、電気料金・ガス料金などの生活に必要なエネルギーに対しての出費です。たまーに水道代や灯油代が含まれて表現されていることもあります。
光熱費の中で一番お金がかかるのが「電気代」です。
特にエアコンを多用している人は、夏・冬とそれ以外の季節の電気代が倍くらい違うのではありませんか?
こまごまとした電気代の節約を考えるくらいなら、いっそのことエアコンを使用禁止にしたほうが手っ取り早く光熱費を抑えられます。
筆者は寒いのがとても苦手です!指がかじかんでしまってPCのキーボードを上手く叩けませんし、何より動く気力がそがれてしまって……。
夏は平気なんですけどねぇ。
しかしそんな筆者でも、ちょっとした冬対策アイテムを使うことで、わりと簡単にエアコンを使わず冬を越せるようになったんです。
というわけで、エアコン不使用でいかに「夏」と「冬」を乗り切るかを題目に、筆者が試みてきた様々なことを以下にまとめてみようと思います。
  • 夏や冬は基本的に家で生活しない!エアコンの効いた喫茶店などを利用しよう!
  • 夏場はとりあえずシャワー!汗を拭い去るだけで不快度が激減!
  • 夏場はパンイチ?とんでもない、なるべく肌着を着用する!
  • 最近のコタツは優秀!?1万円で買える安いものでも省電力!
  • PC前に張り付くならこれ!着る毛布はコスパが最高!
  • 冬場の飲み物はお茶か白湯(ただのお湯)で、体の芯から温めよう!
  • 床がフローリングなら室内でもスリッパを履いて行動!
まず基本的に自分の部屋で生活するのを最小限にしたほうが当然光熱費は安くなります。たくさん仕事を入れるのもいいですし、そうじゃない場合はノートPCやスマホを使って喫茶店や図書館なんかで過ごすのもいいと思います。
それから夏場の話ですが、筆者は夏の不快さの最大の原因は「汗」だと思っています。
この汗をなるべく拭い去ることで快適に夏を過ごせるのではと考え、1日に2度シャワーを浴びるようにしました。
仕事に出る前と仕事から帰った直後ですね。休日は3回浴びる時もありました。
ほんの2~3分汗を流すだけでもびっくりするくらいスッキリしますよ。
夏の暑い日はついつい下着だけで過ごしてしまいがちですが、パンイチじゃなく薄い肌着を着るほうが、汗による不快感がやわらぎます。
Tシャツや薄手のスエットのようなものくらいは着用しておいたほうがいいです。
シャツを着ると確かに暑苦しさも感じるんですが、その状態でしばらく過ごすとパンイチとの違いが実感できるはずです。
寝汗でベトベトすると不快なので、寝る時も薄着のほうが断然快適。
そして冬場はというと。「コタツ」と「着る毛布」、これを事前に準備しておきましょう。この二つのアイテムを活用すると、冬場の生活がグーンと楽になると思います。
電気カーペットなどもそうですが、足元が温まるだけでも体感温度がずいぶん違いますので、コタツでまずは足を温めて寒さをしのぎましょう。
そして着る毛皮を着込んで温かいお茶や白湯を飲めば体の中から温まるので、部屋が寒くても十分に暖が取れるといった感じです。
足が冷えると、それは体全体に伝わり内臓などを冷やすことにもなるそうですので、床がフローリングの場合はスリッパを履いて生活するといいでしょう。
筆者は今でもそうしています。
100円ショップなどで一組200円くらいで買えますので、そんなにお金もかかりません。
コタツも安いものなら1万円以下で売っていますし、着る毛布も2000円くらいのものもあります。省電力タイプのコタツなら1日中つけっぱなしでも大した電気代になりませんので、PCに張り付いて生活するタイプの人には特におすすめですね。まさにエアコンいらずです!

金欠の時に、私はこうやって出費を抑えた!「番外篇」

さて次は番外編です。筆者が本当に食うにも困った時にやっていた、ちょっと恥ずかしい節約ネタをご披露しようと思います。
それは「豆苗の再生栽培」。
豆苗というのは、中華料理などでよく使うグリーンピースの若芽のことなんですが、スーパーで100円くらいで買える安い食材なんです。
栄養価も高く、安くて美味しいので普段からよく食べていました。
餃子の具に入れたりするとシャキシャキしててすごく美味しいんですよ。
この豆苗、一番下の豆の部分を傷つけずに若芽の部分だけを切り取って食べるんですが、その豆と根の部分を捨てずに水に浸けておくと、1週間もすればまた若芽が生えてくるんです。
アルバイト時代、少しでも食費お抑えようとこの豆苗をたくさん買ってきて、ちょっとした家庭菜園みたいな感じでベランダで再生栽培してた時期がありました。
おかげで毎日タダで豆苗のおひたしが食べれてました(笑
と、こんな感じで、筆者は貧乏アルバイター時代を乗り切ってきました。
やっぱり何事にも大事だなぁと思ったのは「情報力」です。
知らないって恐ろしいなって最近よく思うんですが、今の時代、情報を得るのってそう難しいことではないですから、普段から率先して役立つ情報を集めておくことを強くおすすめします。
ほんの少しの手間を惜しんで、知っておくと役に立つ情報を逃してしまうのは非常に勿体無いですからね。ちょっとした手間をおしまず、有効な情報をたくさん集めるのがライフハック、「アルバイトハック」のコツと言えるのかもしれません。
***********ライタープロフィール***********
アルバイトブログライター:けんぷー
様々なバイト経験を活かした多角的な視点からアルバイト関連の内容について執筆。
**************************************