アルバイト日誌

ここでしか手に入らないアルバイト情報、毎日更新して行くよー♩

僕の私のアルバイトハックお金編第3弾

アルバイトについて考える

アルバイトをする人々にとって、様々な不安や疑問をかかえて過ごしていることだと思います。

アルバイトで生計を立てている人も少なくないでしょう。

では、アルバイト生活にはどのような疑問が多いのでしょうか?

ここでは、自分の経験を元にアルバイトをする人々の生活に迫ってみました。

アルバイトを始める理由

アルバイトをする人々が何故アルバイトを始めたのかというと、そのほとんどがお金を稼ぐためでしょう。
学生時代に親からの仕送りだけではやっていけないという人や、親に負担をかけたくないという理由から初めてのアルバイトを考える人が多いですね。

中には、高校生時代からも家庭の経済的な原因で親を助けるためにアルバイトを始める人もいれば、お小遣い稼ぎに学校帰りにアルバイトをする人もいます。

いずれにしてもほとんどの場合がお金を稼ぐ手段としてアルバイトを始めるのです。アルバイトを雇う側も様々な状況に応じて、高校生でも採用することが多くなりました。時給も年々高くなっている状況ではありますが、その一方でブラックバイトと呼ばれる会社もあり、社会問題ともなっています。

アルバイト生活に求めるもの

アルバイトを探す時に大切なことは、その時の生活に適したアルバイトを見つけることです。
たとえば、一人暮らしの大学生であれば、まかないのある飲食店のアルバイトを探すことが一番最適かもしれません。
まかないがあることで学生にとっては、食費や栄養面においても大きなサポートとなるはずです。
アルバイトを採用する側も時間も残業など比較的融通の利く大学生はアルバイトとして重宝であることも事実です。

また、高校生などにとっては、社会生活を学ぶ上でアルバイト生活をどう選ぶかは大切なことです。しかし、現実的には高校生を採用する会社は限られていることも事実で、その選択肢の中から選ぶと、やはり時給とかは若干安くなるのが厳しいことですね。

ただ、逆に言えば、30代くらいのアルバイト生活をしている人が、同じ仕事でも高校生と同じ時給?と疑問を持つ人もいますね。

あくまでも会社によって時給の決め方はそれぞれで、その人の仕事に対する姿勢やスキルによって決められているので、納得のいくアルバイトを探したいものです。

アルバイト生活で他の金策を持っている人もいる

アルバイト生活をしている人の中には、実は他に兼業をしている人も多いようです。
たとえば、将来的に夢を見ていることがあり、そのためにアルバイトをしている人もいるでしょう。
作家を目指している人は、日頃、文字を書いているので、それでわずかでも収入を得ている場合もあります。
芸能界を目指している人は、小さな仕事で収入を得ていることもあります。

あるいは、株やFX,投資にかなりの知識を持っている人もいます。
昨今で有名になっているユーチューバーなども新たな金策と言えるかもしれませんね。

本当に金欠で困ったアルバイトの対策とは?

一生懸命にアルバイトをしていても、思うようにアルバイトに入れなかったり、閑散期には一気にアルバイト時間を減らされてしまうこともあります。
それに対して、何も抵抗できないのがアルバイトでもありますが、そんな時、アルバイトで生計を立てている人はどうしているのでしょうか?

まず最初に考えるのは、他のアルバイトを兼業することでしょう。
しかし、時間的な配分や肉体的な疲労で難しいことも多いです。また、大学生や高校生ではそのことで本業の学業に影響が出てしまうこともあるので、あまりお勧めできません。

そうはいっても、実際に住んでいるアパートの家賃が払えなかったり、光熱費に苦しんだりする人もいますよね。
そんな時には当日払いの短期アルバイトを利用する人も多いようです。
短期アルバイトにはいろいろとありますが、手っ取り早いのはチラシやティッシュ配りのアルバイトや、引っ越しアルバイトなどがあります。
最近では、女性の短期アルバイトも多く募集しているので、探せばいろいろと見つかるでしょう。

また、アルバイトを採用している会社が大手などの場合は前借制度を可能としているところもあるので、アルバイトを選ぶ時のひとつのポイントとして念頭に置いておくと良いかもしれませんね。

アルバイトで前借制度がある会社なんてあるの?

正式な社員でもないアルバイトに給与の前借りを認めている会社は多くはありません。
しかし、実はないこともないのです。
有名な会社では「笑笑」や「魚民」を経営している「モンテローザ」や製造業や工場の求人を扱っている「テクノサービス」などではバイト代の前借りが可能です。
ただし、その会社なりの条件があるので、事前に調べておく必要はありますね。

また、大手企業でなくても、小さな会社でも社長が人情に熱い人だった場合には、社長権限で対応してくれることがあります。
今、深刻な人手不足に見舞われているそのような会社が増えていることもあるようです。

しかし、どういう場合にしても、アルバイトとして会社に信頼されていることが何よりも大切ですし、その信頼がなければ、前借りは難しいでしょう。
また、その信頼を持続するためにも、何度も前借りをお願いするようなことは避けたほうが良いでしょうね。

アルバイト生活を続ける理由

アルバイトは一過性の生活手段と考える人がほとんどの中、あえてアルバイト生活で生計を立てている人がいることも事実です。

何故、あえてアルバイトで生計を立てているのでしょうか?
一番多くの理由は、将来的にやりたいことがあり、通常の正社員などではその夢に集中できないということからのようです。
売れなかった芸人さんたちがずっといろいろなアルバイトをしながら生活をしてきたという話をよく聞きますよね。
芸人さんだけでなく、このような考え方の人は結構多いようで、作家を目指す人や、漫画家を目指す人などが当面の生活費をアルバイトによって得ていることは多いのです。

また、今は大きな企業でもいきなりリストラにあったり、早期退職希望が募られることが多くなりました。そんなことから、正社員を目指す人のモチベーションが下がったことや、正社員を目指す理由がわからなくなったという人が多いのです。

企業側も人手不足が深刻になっていることからアルバイトの採用を増やし、その時給も高騰させていると言います。
そのような状況が、今のアルバイト生活を続ける人を増やしている理由と言えるでしょう。
 

アルバイトをしながら、自分の将来的な道を模索する

自分の一生の仕事として何がしたいのか、何ができるのかがなかなか定まらない時代であることも大きな影響を与えているのかもしれません。
最近の若い人の中には、正社員として大企業で働くよりも、アルバイトでお金を稼ぎ、海外へ行ったり、様々なアルバイトを経験することで将来の自分の生き方を決めたいと思う人も増えているようです。

実際に様々なアルバイトの経験を重ねることで、自分で事業を起こす人もいるほどです。
そう考えると、様々なアルバイトの経験は決して無駄ではなく、むしろ豊富な人生経験として自分で事業を起こす時に大きなメリットとなるでしょう。

また、企業側もアルバイトで入ってきた人々を会社側から正社員登用の話を持ち掛ける場合も増えているようですが、固辞する人も少なくないようです。
アルバイトをしながら他の仕事を探したり、自分の将来のためにあえて正社員を選ばない生き方は今の時代では決して珍しくないことです。
すべての人がそれで成功する保証はありませんが、逆にアルバイト生活を長くしているからと言って、生きていくことに不利になるとも限りません。

人それぞれにいろいろな生きた方があり、それを貫ける時代であるとも言えます。まずは自分のやりたいこと、将来こうなりたいという目標を見直してみてはいかがでしょうか?


ライタープロフィール

emilollaプロフィール画像

アルバイトブログライター:emilolla

ライティング歴16年のベテラン。ブログや体験記などの多くの経験を備える。美容や保険、ネット、法律など幅広い知見からアルバイトの仕事内容について切り込んでいく。