勉学に忙しい学生はバイトと勉強をどのように両立させた?

勉学とバイトを両立できるアルバイトハックを紹介

学生の頃のアルバイトって何かと大変ですよね。学生の本分はあくまで学業ですから、そちらをおろそかにするわけにはいきませんし、とは言え遊びたい盛りでもありますから、お小遣いだって欲しい!悩みどころですよねぇ。
充実した学生ライフを送るためには、バイトと勉強の両立がカギを握っているのは言うまでもありませんが、時間が有限である以上それは簡単なことではありません。
どうすれば勉強とバイトを上手に両立できるのか、一緒に考えてみましょう。
まず、バイトと勉強の両方と上手に付き合っていくには、いくつかのポイントを押さえておく必要があるようです。ちょっと以下にまとめたものを見てみてください。
  • 頼まれると断れないタイプの人は、断る努力をしてみる。
  • バイトを楽しみすぎると危険。例え楽しくてもほどほどを心がける。
  • 短期、短時間のバイトのほうが学校のスケジュールに合わせやすい。
  • 在宅ワークやブログでの広告収入を狙ってみる。少額を稼ぐことはそんなに難しくない。
  • 知り合いなどに頼れないかを家族に聞いてみる。お店をやっている親戚がいれば吉。
  • 多少給料が落ちても、なるべく通勤時間が短い仕事を優先する。
  • 中途半端にバイトと勉強を同時に消化しないようにする。(バイト先で勉強するなど)
  • 仕事もバイトも先輩、上級者へ相談・質問をするように心がける。時間短縮につながる。
  • 深夜のバイトは避ける。高時給だが、講義中に寝てしまっては本末転倒。
上でご紹介したものの多くは、実際にアルバイトと勉強を両立してきた人の体験談が元になっています。筆者も高校と専門学校時代にアルバイトをした経験がありますので、その経験も踏まえています。
時間に関するポイントも重要ですが、筆者が最も重要だと思ったのは「中途半端にバイトと勉強を同時進行しないこと」です。
コンビニの深夜のアルバイトなどはお客さんも少なく退屈になる時があります。
そんな時についつい問題集や英単語ノートを引っ張り出して勉強しようとしてしまいがちですが、アルバイトをしている時は、いわゆる「仕事脳」になっている状態みたいで、そこで勉強した内容ってそんなに身につかないみたいなんですよね。
それに中途半端に勉強していると仕事もミスしがちになります。
学生時代ではありませんが、筆者がコンビニで働いていた時に、お客さんが来ているのに気づかずその場でお客さんに怒られてしまったこともあります。
その時、筆者は裏で家計簿をつけていまして……。やめておいたほうが懸命です(笑
できるだけバイトと勉強は切り離しておいたほうが効率的なようです。
もっと言えば、バイトは土日や祝日だけにして、平日は完全に勉強に徹するというスタイルのほうが両立が上手くいくような気がします。
同時に、完全にオフの日も作ったほうがいいですね。
これは筆者自信が今でも感じていることですが、人間にはやはり「休息」が必要なんです。
ここで言う休息というのは、単に仕事や勉強をしないということではなく、精神をリラックスさせるとか、癒やしたりするということです。
丸一日、自分が楽しいと思うことをやるだけの日を作っておくと、バイトや勉強の能率もきっと良くなると思います。
それからもう一つ。
学生時代に深夜の仕事はおすすめできません。筆者はフリーターの頃に散々深夜のアルバイトを経験してきましたが、あれは時間に自由のきくフリーターだったから出来たことだとつねづね思っています。
学生は朝早くから学校の授業や講義に出なければならないわけですから、どうしても睡眠時間は削られてしまいますよね。
仮にみなさんが大学生だっとして、ある程度講義を休むことができるとしても、毎日昼まで寝ていてもOK、というわけにはいかないと思います。
睡眠不足になると思考力や判断力が鈍るのは誰もが知る事実ですが、それだけでなく、深夜のアルバイトは精神的に気が滅入る人も多いらしく、そのままネガティブ思考になってしまう人も多いそうです。
ごく一部の人だけとは言え、そういったメンタルへのダメージを受ける可能性を踏まえると、学業を優先すべき学生さんには不向きな働き方ではないかなと思うわけです。
アルバイトと勉強を両立するために大事なのは、目先の高い給料や時間短縮ばかりに惑わされず、長いスパンで無理なくアルバイトと勉強を続けていける、そんな状況を作り出すことなのではないでしょうか。
アルバイト、勉強、休息、この3つのバランスを上手くとって快適な学生生活を送ってもらいたいものです。

ライタープロフィール
アルバイトブログライター:けんぷー
様々なバイト経験を活かした多角的な視点からアルバイト関連の内容について執筆。