アルバイト日誌

ここでしか手に入らないアルバイト情報、毎日更新して行くよー♩

車好き必見!!免許があれば誰でもできるレンタカーのアルバイト!

行楽や通勤など、日常で車を運転する機会はたくさんありますよね。
でも、中には免許を取ったはいいが、必要性が無いからあまり運転できていない、という方もたくさんいるのではないでしょうか。

今回そんな方におすすめしたいのが、車好きのバイトといえばコレ!というくらい車好きにはたまらない仕事「レンタカーのアルバイト」です。
車の運転は好きだけど乗れてない……、そんな方なら特に必見の内容です!!

まずはレンタカー店の仕事内容をざーっとご紹介!

「レンタカー」というサービスは、みなさんがよくご存知の通り、一定の期間(時間)だけ車を貸し出すというサービスです。
車って高いですから、購入するとなると一大決心ですからねぇ。大変なんですよね。
でも、レンタルであれば少ない出費で車を活用できますので、レンタカーは非常に手軽で便利なサービスだと言えます。

旅行などで遠出をした際に現地でレンタカーを借りたり、仕事で使う用途で一定の期間だけリース契約したりとその用途は幅広く、需要も高いようで、全国には思った以上にたくさんのレンタカーショップがあります。

そんなレンタカーショップでは、回送や洗車などの比較的簡単な業務を任せられるアルバイトを募集していることが多く、「免許があればOK」といったシンプルな募集条件のお店がたくさんあるようです。

いろいろと話したいことはありますが、とにかくまずはレンタカーアルバイトの時給や仕事内容などを簡単にご紹介してみましょう。

レンタカーバイトの時給はけっこう高い!

アルバイトの時給は各地域ごとに大きく違うので一概に絶対に高い!とは言えませんが、レンタカーショップのアルバイトは、アルバイトの中では比較的高いほうだと思います。

全国のレンタカーアルバイトの平均時給を調査した表がありますのでご覧ください。
参考:タウンワーク
やはり首都圏が時給1000円以上と水準が高いようですね。地方都市は900円前後が多いようです。総じて言うと、交通量が多いところほど時給が高く、比較的交通量が少ない場所では時給が安いような気がしますね。

運転免許を持っていれば応募条件を満たすとは言え、交通量の多い都市部などの場合だと、ペーパードライバーの方ではこのお仕事はきびしいかもしれません。
ただ入ってすぐにしっかりとした研修がありますので、ペーパーでも全然OK!というお店もあるかもしれません。問合せてみるのが一番でしょうね。

レンタカーバイトの業務は大きく分けて二つ

レンタカーショップでアルバイトした時の業務は「中仕事」と「外仕事」の二つに分けられるようです。それぞれの仕事内容は以下のとおり。

「中仕事」

いわゆるフロント業務のことですね。主に接客を行います。
電話対応や貸出・返却などの手続きを行ったり、パソコン入力なども行います。
屋内での業務なので中仕事と呼ばれているようですね。

「外仕事」

主に洗車や回送といった仕事を行います。車の運転をするのもこちらの業務です。
屋外の作業なので、季節によってはかなりきついといった声を耳にします。

この二つの業務は、どちらかを専属で行うわけではなく、アルバイトとして入った場合は両方をこなすことのほうが多いそうです。最初に受ける研修でも、両方の仕事内容の説明や練習が実施されます。

したがって、フロント業務だけをやる、といったことはできないと思いますので、レンタカーのアルバイトに「普通免許はほぼ必須」だと言えるようです。

レンタカーバイトでよく使う用語

レンタカーのアルバイトについて調べていると、「この言葉の意味なんだろう」と思うことがけっこうあります。
車関係の用語などは専門的なものも多いので、詳しくないという方もけっこういるでしょう。ここで簡単に用語解説をしておこうと思います。用語について詳しい方は飛ばしてもらっても大丈夫です。

「配車」

レンタカーショップにおける配車は、ホテルや旅館などのレンタカー利用先へ車を届けることを言います。
配車サービスあり、といった記述があれば、あなたが今滞在している場所まで車を届けますよーという意味です。

「乗り捨て」&「乗り受け」

レンタカーを利用する際によく耳にするようになったのが乗り捨てです。
乗り捨ては簡単に言えば、車を借りたお店とは違うお店でも返却ができる、というサービスのことです。わざわざ元の場所に戻らなくて済むので人気があるみたいですね。

そして乗り受けですが、これは「乗り捨てを受ける」という意味で解釈してもらって大丈夫だと思います。仮に乗り受けできません、という記述があったとすれば、それはこの営業所には乗り捨てできませんよーという意味になるわけです。

「回送」

レンタカーショップには回送という業務がありますが、この回送というのは、必要な場所に車を移動させたりすることを言います。
お客が乗り捨てた車などを、近隣から元の営業所へ移動させたりするのが主な仕事です。

「集車」

あまり集車という言葉を使うことは無いかもしれませんが、念のためにご説明します。
回送の項目でも説明したように、レンタカーは乗り捨てされることが多く、元の営業所から離れた場所に車が置かれている場合が多々あります。

他店舗と共有で上手に車を使いまわしたりすることもありますので、あちこちにレンタカーが散らばっていたりするわけです。
そういった車を収集することを集車と言うことがあるようです。営業所によっては「今日は集車頼むよ!」といった感じで仕事を任されることもあるかもしれません。

「駅レン」

駅レンとは駅レンタカーの略称です。
駅地下などにあるレンタカーショップのことで、一般の営業所に比べると乗り捨てされる車が多いという話です。駅レンには乗り受け可のお店が多いんでしょうね。

利用客もビジネスマンが多いそうなので、接客は同じような対応で済むこともありそうです。そういった意味では、覚えることが少なく仕事は比較的楽なのかもしれません。

ずばり!レンタカーアルバイトの魅力はココだ!!

続いてレンタカーアルバイトのメリットをご紹介しましょう。
このお仕事のメリットはたくさんありますが、車好きの方が喜ぶ理由を中心に詳しくご説明しようと思います。なぜ車好きにおすすめなのかがすぐにわかって頂けると思います!

車好きの方が泣いて喜ぶレンタカーアルバイトのメリットはこちら!

  • 普段乗れない特別な車(高級車、スポーツカーなど)に乗るチャンスがある。
  • 嫌でも車の運転が上手くなる。特に駐車技術はすぐに上達。
  • あらゆる車の知識が身につく。(修理、カーナビ、車種などなど)
  • 社割りでレンタカーを借りられる特典がある。
  • 提携しているガソリンスタンドの利用料金が割引になる。
  • 従業員はほぼすべて車好きなので、趣味が合う人が多い。
  • プライベートで運転する時、友人などから運転技術の高さに驚かれる。

個人的に一番グッとくるメリットは「友人に驚かれる」ってところですね。
筆者の友人にも運転の上手い人がいるんですが、車と車の隙間に縦列駐車を一発で決められると、思わず「オオーッ」なんて声出しちゃいますからね。ココ大事だと思います。

レンタカーアルバイトの魅力は、総合的に言えば「車に関する知識や技術が身につく」ということだと思います。
日常生活や仕事で車を使う機会は非常に多いので、車の知識や技術は身につけておいて損のないものです。
スキルアップという意味でも、このアルバイトを選ぶのは十分にありだと思います。

仕事のデメリットもしっかりチェック!ココに注意しよう

車好きにおすすめとは言え、メリットばかりに気を取られていてはダメです。
自分に合う合わないを見極めるためにも、その仕事の悪い部分もしっかりチェックしておく必要があります。
というわけで、レンタカーアルバイトのデメリットと言える部分をまとめてみました。

  • 真冬や真夏の洗車は相当きつい。
  • 忙しい時の洗車は時間との勝負。効率良く動けない人には辛い。
  • お客さんからのクレームが驚くほど多い。(専門知識のない方が多数)
  • 慣れない時にお店の敷地内などに駐車する時は、傷をつけないように神経を使う。
  • 短い距離とは言え、回送中の事故や損害賠償などのリスクがある。

メリットと比べるとデメリットはそう多くはありませんが、真冬や真夏の洗車が辛いという話は良く聞きますね。忙しい時は洗車が追いつかないこともあって大変だそうです。

それからみなさんが一番不安なのはやはり「事故」でしょう。
回送の仕事は、大抵は近隣の乗り捨てられた車を元の営業所に戻したりするものですから、そう長い距離を運転するわけではありません。

とは言え、事故の可能性が0というわけではありませんので、常にそのリスクは伴ってしまいます。まさに車を運転するお仕事の最大のデメリットと言えるでしょう。

車を運転する仕事って事故とか損害賠償が怖くて……。

レンタカーアルバイトに限らず、車を運転するお仕事で常に怖いのはやはり事故です。
ケガや命の危険などももちろん考慮するべきことですが、事故によって発生する損害賠償なども気になるところですよね。

お仕事選びの判断材料にして頂くためにも、デメリットの項目にもあった「事故による損害賠償」についてもう少し詳しく解説してみたいと思います。

みなさんが一番気になっているのは、業務中に事故を起こした場合に損害賠償をしなければならないのか、ということだと思います。
これについては、運転者によほど重大な過失がなければ、会社側が負担する場合が普通です。(つまり払わなくていい)

駐車中などにボディに傷が付いてしまった場合なども、故意や過失で無ければ損害賠償をする必要はないはずです。
ですが、わざと傷を付けたり、とんでもない不注意で傷を付けたりした場合には、会社側がみなさんに対して損害賠償請求することができる法律(民法709条)がありますので、業務の際には丁寧かつ慎重な運転をする必要があります。

特に車と車を隙間なくピッタリ駐車したりする場合などは、慣れないうちは先輩方へ頼ったほうが無難です。間違っても「大丈夫だろう」なんて目算でやらないことです!

損害賠償のほうはともかく、ケガや命の危険に関しては取り返しがつかないこともありますので慎重すぎるくらいで丁度いいんです。忙しい時でも急がず慌てず、安全運転を心がけてくださいね。

まとめ

いつの頃からか、「現代は車社会だ」と言われるようになりましたよね。
車は今や一家に一台どころか、一人に一台というご家庭も今では少なくはありません。
仕事だけでなく、日常生活においてもそれだけ運転する機会が増えたということです。

多くのアルバイトは、そこで得た知識や技術を後々の生活に活かすことが難しいものですが、ここでご紹介したレンタカーアルバイトの場合は、身につけた知識と技術が日々の生活で大きく役立ちます。

ちょっと大げさな言い方かもしれませんが、車に関する知識や技術は、自分自身のためだけでなく家族や友人などにとっても大きくプラスになりうる要素です。
レンタカーアルバイトは、車好きの方だけでなく、そういった人生の総合力を考えている人にも是非注目して欲しいお仕事なんです。

人が驚くほどの運転技術と知識を身につけて、人生をちょっとだけ豊かにしてみるのもいいと思いませんか?

けんぷープロフィール画像

けんぷー

様々なバイト経験を活かした多角的な視点からアルバイト関連の内容につ いて執筆。